芸能

最上もがが整形を否定するも人気の秘密は「並みの顔」ではなく「豊かなバスト」

20160604mogami

 アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがが6月1日のブログで「何度でもいいますが、整形はしてません」と、自身の整形疑惑を真っ向から否定してみせた。

 ドラマ「重版出来!」(TBS系)にレギュラー出演し、お茶の間の知名度が高まってきた最上だが、ぷっくりした唇やバッチリ入ったアイメイクなどを理由に、かねてより整形疑惑が絶えないのも事実である。そんな最上について、数多くの女性アイドルを取材してきたアイドル誌のライターはこう語る。

「彼女を擁護するわけではありませんが、最上が整形していないのは明らかですね。公式には認めていませんが、最上はアイドルになる前の学生時代に別名義でイメージDVDをリリースしており、それと見比べれば少し痩せたことと歯並びが変わったこと以外、何ら変わっていないのは一目瞭然。二重まぶたの幅も鼻筋の高さも一緒ですし、ヒップの形なんて笑っちゃうくらい変わっていませんよ」

 本人によるとメイクを覚えたことと歯科矯正に加え、ファッションを学んだり笑顔を練習したことで、現在のルックスにたどり着いたようだ。現在では「金髪の異端児」としておなじみの存在になった最上のルックスについて、前出のアイドル誌ライターはこんな評価を語る。

「まあまあ可愛いけど芸能人としては並みというのが正直なところでしょう。そんな見た目を金髪とショートボブ、濃さを感じさせないメイクで飾り立て、最上もが像を作り上げている点は称賛に値します。そして何より絶賛したいのは、細身の体に不釣り合いなぷっくりバスト。DVD当時からはダイエットでサイズダウンしたものの、丸さを実感させる形は変わっていません。金髪女子の一般的なイメージを覆すこのバストこそが、最上を孤高の存在に押し上げている決め手でしょうね」

 おそらくは目も鼻も直していない最上だが、なによりまったく手の入っていないバストが持つ破壊力こそが、男子にとっては最大の魅力であることは間違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪