エンタメ

森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(2)中森明菜への憧れと目覚め

 そもそも「歌手になることを目指してこの世界に入ったわけじゃなかった」とたびたび口にしている森高だが、どんな歌手に憧れていたのだろう。

 ここに1本のカセットテープがある。日付は、86年11月29日と記されているカセットは森高が師事を仰いだボイストレーナーの波多江顕亮氏のもとに残されていたものだ。

 デビュー前に福岡などでレッスンを積んだ成果を見るために上京し、森高が初めてレコーディングしたという貴重な音源だ。吹き込まれた曲は中森明菜の「北ウイング」だった。「ラブ イズ ザ ミステリー、私を呼ぶの〜♪」

 テレコから流れ出る歌声は今よりもやや細いが、クリスタルのように透き通る間違いなく森高独特の声音であった。

 ポカリスエット・オーディションの最終審査でも同じ明菜の「十戒」を歌っているだけに、「ザ・ベストテン」世代の森高はよほど明菜に憧れていたのだろう。

 また、熊本の女子高では折からのバンドブームの影響か、はたまた父・茂一氏がロカビリーバンドの歌手で、母・千鶴子さんは女優という芸能魂がうずいたのか、同じ学校の女友達と「ル・パラディ」というバンドを結成していた。

 熊本には森高ファンの聖地として知られる場所が数カ所あるが、市内繁華街の上通アーケードの一角にある「大谷楽器」もその一つ。「確かに、ウチのスタジオで森高さんのバンドは練習をしていましたよ。当時はまだ高校生がバンド活動をするのは認めないところもあったんですが、森高さんの九女(九州女学院)は学内でバンドを組むことは許されていたんだと思います」(大谷楽器店員)

 ドラムス担当の森高は、実家からこの楽器店の上階にあるスタジオまで自転車で通っていたのだという。

 このビル最上階には「ペパーランド」というライブハウスがあった。当時、熊本随一のライブハウスとして、博多めんたいロックの雄「THE MODS」や、ガールズバンドの草分けZELDAなどもこのライブハウスで活動してきたという。残念ながら、現在はピアノリサイタル用に改修されてしまい、当時を知るすべは入り口に残された「PEPPER LAND」というプレートのみとなったが、森高らバンドメンバーは、このライブハウスの控え室でもあった練習スタジオで、当時流行していたレベッカなどのコピー曲を練習していた。やはりこの場所から森高伝説は始まっていたのだ。「まさか自分の演奏するドラムをレコーディングするとは思わなかった」

 と言う森高だが、その6年後、すっかりアイドル色を脱し、それまでの総天然色だったジャケットとは歴然と違うモノトーン色アルバム「ペパーランド」をリリースする。しかも作詞のみならずみずからドラム、ギター、ベース、キーボードなどほとんどの楽器をこなす。「これから私たちのライブが始まる♪」

 と、まるで高校時代に原点回帰するかのように陽気な歌声を響かせるのだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?