芸能

鳥越俊太郎、「高畑裕太の人権擁護」発言は自分の事件をごまかすため?

20160913torigoe

 9月9日に不起訴処分で釈放された俳優の高畑裕太について、ジャーナリストの鳥越俊太郎が「被害者とともに、高畑さんの人権も考慮しなければいけない」と擁護の姿勢を見せた。これは12日に放送された「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で発言したもの。

 鳥越は「最初の警察の発表が、事実と違っていたんじゃないかと思わせる」と、公権力の象徴である警察を批判。さらに警察発表に基づいて報道していたマスコミをも批判してみせた。だがこれらの発言が、結局は自分のためだという指摘が相次いでいるのである。週刊誌の記者が語る。

「この7月に鳥越が野党統一候補として東京都知事選に出馬したとき、女子学生に対して強引に関係を迫ったと週刊誌で報じられたのは記憶に新しいところ。さらには9日放送の『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)でも、都知事選への立候補を見送った宇都宮健児弁護士から『事実無根なら都民に説明すべきだった』と指摘されるなど、いまだ鳥越は女子学生の一件に苦しんでいます。そんな自分を高畑の事件に重ね合わせて、マスコミによって加害者に仕立て上げられたと強調したかったんでしょうね」

 もっとも、被害者の存在が明らかな高畑のケースとは異なり、鳥越の場合は事件そのものを「事実無根」と主張しているからには、いくらでも反論の機会はあったはずだ。それなのに都知事選では討論会をドタキャンし、それ以降も自分の口からは事件について語っていないのが現実の姿なのである。そんな鳥越から人権に関してエールを送られても、当の高畑自身はありがた迷惑かもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】