芸能

夫人と伊豆旅行!鳥越俊太郎の「可能な限りもと通りの生活」発言に批判の声

 ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、ネット上でフルボッコ状態になっている。その理由は、5月26日に「NEWSポストセブン」から配信された「自粛ムードに負けずこれからも出歩きます」と題された記事だ。

 その中で鳥越氏は「批判されるかもしれませんが、私は自粛中も、可能な限り元通りの生活を続けていました」と前置きし「『不要不急の外出は控えて』と言われていましたが、3月31日に妻と2人で伊豆の下田に旅行に行きました」と明かした。さらに、自宅から恵比寿あたりまでを30~40分かけて散歩していると言い、その際、「散歩なら他人との距離も取れるので、マスクはしていません」と発言。「高齢者は家でじっとしているだけだとすぐに足の筋肉が衰えてしまいます」という理由のようだ。

 この報に対しネット民は「散歩するのは構わないけど、歩行時のソーシャルディスタンスは5メートル必要と言われている中『散歩なら他人との距離も取れるので、マスクはしていません』と言い放ち、それを勧めるような発言は、とてもジャーナリストが取る行動とは思えません」「リスクの高い高齢者こそ、自分のため、そして医療を守るために外出自粛するべきではないかと」「マスクをしていない人とすれ違うのは怖い。ご自分の行動が不安を拡散していることを認識できていないということですね」など批判的な意見が向けられた。

「確かに高齢者にある程度の運動は必要でしょう。ですが、外ではなく家の中でできることをみんな、工夫しているんです。なぜ今、このような告白をしたのかわかりません」(週刊誌記者)

 自身の健康を守るのは大いに結構だが、他人に不安感を与えるのはいかがなものだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒