芸能

心を入れ替えろ!?長谷川豊の透析患者への謝罪文が「まるで捨てゼリフ」

20161006hasegawa

 フリーアナウンサーの長谷川豊が9月19日付の自身のブログで「大半の人工透析患者は自業自得」などの内容を掲載し波紋が広がっている。この内容に対しては抗議が殺到。この事態を鑑み、長谷川アナをゲストコメンテーターやMCとして出演させていた全レギュラー番組が降板を決定した。

 当初は、「謝罪はしない」という姿勢だった長谷川アナだが、10月4日付のブログでは「この度の騒動で嫌な思いをされた全ての方に心よりお詫び申し上げます」と題し、謝罪文を掲載した。

 しかし、その中で気になった一文があった。「透析まで至ってしまっても、心を入れ替えて、真摯に治療に当たっている患者さん」だ。

「心を入れ替えて」ということは、デジタル大辞泉によると「今までの態度や考え方がまちがいであったことに気づいて改める。改心する」とある。つまりはネット民からも指摘されているように「透析患者は、自業自得という持論は変わっていない」とも読み取れるのだ。

「結局、長谷川アナは“自分の主張したいことは正論だが、それを伝えるための言葉遣いを間違えただけ”と言いたいのでしょう。けれどもそれは、アナウンサーとしてもアンカーとしても致命的です」(社会部記者)

 ネット上では「まるで捨てゼリフ」などとも捉えられている今回の謝罪文。さらなる透析患者の傷をえぐることにならなければいいのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】