芸能

長谷川豊アナ「レギュラー番組降板」で綴ったテレビ大阪への呆れた恨み節

20160930hasegawa

 9月29日、テレビ大阪は「ニュースリアルFRIDAY」でキャスターを務める長谷川豊アナの降板を発表した。人工透析患者を誹謗中傷する文章をブログに書いた長谷川アナは、報道番組のキャスターとしては“不適切”だと判断したようだ。

「『透析患者を殺せ』というブログタイトルだけが過激だったわけではありません。『先天性要因で腎臓病になった人は助けるべきだが、自堕落な生活で腎臓病が悪化した人を国が助けるのはおかしい』というのが長谷川アナの主張です。人の命に異なる価値をつけているところは、相模原事件を思わせる危険な思想。ニュース番組を降板させられたのも当然でしょう」(週刊誌記者)

 降板を受け、同日ブログを更新した長谷川アナは「テレビではそんなにキツイ言葉は使っていないのに」「ネットはネット、テレビはテレビで使い分けていた」と恨み節全開だ。

「失言ブログやコラムは削除・修正して“なかったこと”にするか、屁理屈ですり替えて煙に巻くのが彼のやり方。今回の件も『炎上・拡散大歓迎。そのために過激な言葉を使っている』と言っておきながら、騒動になると『悪意を持って拡散されてしまった』と人のせいにする。言い訳の前に、真摯な謝罪と暴言の取り消しをすべきだった」(前出・週刊誌記者)

 9月20日のブログで長谷川アナは「日本人の最もダメなところは『バカ』に対して『バカ』とののしらないこと」と書いている。長谷川の言う「バカ」の定義はよくわからないが、彼が「愚か者」であることだけは間違いなさそうだ。

(笠原和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美