芸能

「さくらんぼ」は重荷だった!?大塚愛、人気凋落後の今さらな告白はファンに失礼

20170207otsuka

 かつては女子中高生やOLから圧倒的な支持を受けていたシンガーソングライターの大塚愛。しかし、出産を機に活動をセーブしたことで、復帰した頃にはすでにファンはきれいさっぱり離れていて、しだいに第一線から消えていった。

「13年10月に約3年ぶりにリリースしたシングル『Re:NAME』がオリコン8位で、かつてはベスト5入りが当たり前だった彼女も異変を感じたはず。しかも、同曲はたった3週でチャートから姿を消しました。14年5月リリースの『モアモア』に至っては34位止まり。過去に1位になった作品が5作もあったアルバムチャートでも、14年の『LOVE FANTASTIC』は22位、翌15年の『LOVE TRiCKY』は24位と、データ上でも完全に過去の人となっており、彼女もショックだったのではないでしょうか」(音楽ライター)

 そんな大塚が、2月15日にリリースする新曲「私」のプロモーションの一環としてメディアのインタビューに答えたのだが、過去のヒット曲について語った一言が世間の反感を買ってしまったようだ。

「大塚をスターダムにのし上げた大ヒット曲といえば、03年にリリースされた『さくらんぼ』です。しかし、そのイメージ一色に固定されたことで彼女は常に『音楽をやめたい』という思いがあったことを告白。“さくらんぼ的な大塚愛”を求められたことが苦しかったと明かしています。しかし、世間の反応は冷たいもの。『さくらんぼがあったから今もやってられるんじゃないの?』『人気が落ちてから言うことじゃない』『じゃあ、二度とあの曲を歌わなきゃいい』と、大塚の言い分を突き放していますね」(前出・音楽ライター)

 一時代を築いたヒット曲を今さら重荷のように言うのは、これまで応援してくれたファンにも失礼というものだろう。

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然