芸能

撮影ドタキャン過去も納得!? 真木よう子、暴露された酒飲み中の「面倒くささ」

 その考え方ならあの失態を犯してしまうのも納得!?

 真木よう子が7月31日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。お酒が絡んだ時にはめんどくさくなってしまうことを暴露されている。

 この日、真木は親友である大塚愛とともにゲスト出演しており、番組では〈真木よう子と面倒くさい真木よう子の被害者の大塚愛〉といったタイトルのボードを用意。いかに真木が面倒くさい性格であるかを紹介している。

 真木自身は自分が面倒くさがられているという自覚はないと話していたものの、真木とプライベートでも交友があるという番組MCのチュートリアル・徳井義実も「一応、ボクも被害者っていえば被害者」と話して、「真木さんが酒飲みに行こうモードに入ると、なかなかの面倒くささを発揮するんです」と告白。

 徳井によれば、真木から飲みの誘いをLINEで受けたものの、その日は仕事が遅くまであり、次の日も朝早くから仕事があったため、〈ごめんなさい、今日は無理です〉と断ったのだとか。

 しかし、真木は〈あなた、それでいいんですか〉〈今日飲まないでいつ飲むの?〉〈今日という日は2度と来ない〉といった文面を送ってきて、なかなか諦めてくれなかったとのこと。

 そのため、徳井は「男気に訴えかけてくるみたいな」と、典型的な面倒くさいタイプだったと説明している。

 ただ、この真木のエピソードに視聴者からは「うわ~面倒くさいな」「自分のことしか考えてないタイプなんだろうな」「そんなんだから撮影をすっぽかすんだよ」などといった批判的な声が目立っている。

「結局徳井がその飲みの誘いを受けたのかは定かではありませんが、とにかくしつこく誘われたようですね。また、真木とは30回以上飲んだという小籔千豊もVTR出演していましたが、真木から会おうと言われ、駆けつけるも『今日めっちゃ眠たい』と言い、ガーッと寝てしまったそうですし、自分本位なところがあるのでしょう。また、真木は17年に放送された主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影をお酒の飲みすぎでドタキャンしてしまったとも報じられたこともありましたね。同ドラマは全話の平均視聴率が4.4%と苦戦し、1話分短く『打ち切り』の形で最終回を迎えたこともあり、お酒に逃げたのでしょうが、やはりこういった失態を一度している以上、朝から仕事があれば徳井のように飲みの誘いを断るのが正解なのは言うまでもありませんよね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえずは自分がお酒で仕事を飛ばしてしまったのは自業自得なだけにともかくとして、どうか他人を巻き込むことだけはやめてあげてほしいものだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
2
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
3
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
4
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”