芸能

綾瀬はるか、新活劇ドラマで「爆死&トラブル続き」断ち切りに挑む女の正念場!

 10月から放送されるドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で、主役を務めることが明らかになった綾瀬はるか。3月25日に放送されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」以来、実に半年ぶりのドラマ出演となる。

「『精霊の守り人』は、NHK初の大河ファンタジーとして鳴り物入りで始まりましたが、昨年のシーズン1の平均視聴率は9.1%。今年のシーズン2は、平均7%と低迷。今年11月から始まるシーズン3も、今のままでは期待が持てません。その意味でも、今度のドラマで何とか巻き返しを計りたいところでしょう」(スポーツ誌デスク)

「奥様は、取り扱い注意」は、セレブな生活を夢見て合コンでゲットした男性と結婚するも、主婦たちが抱えるトラブルや夫が抱えていた過去の問題に直面。持ち前の正義感で乗り越え、本当の優しさと温かさを知っていく物語。綾瀬はここで、“正義感が強く、怒らせたらかなり危険”な主人公・伊佐山菜美の役を演じる。

 綾瀬はこの役について「『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』を合わせ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します(中略)いろんな見どころが詰まった作品なので、毎週観て頂けたら嬉しいです」と意気込みを語っている。

 温かいホームドラマに加えて「精霊たちの守り人」で披露したアクションシーンも、見どころのひとつだという。

「綾瀬はここ数年、視聴率に恵まれていません。主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』の平均視聴率は14.6%と、大河ドラマにしては低い数字で終わっています。去年放送された主演ドラマ『私を離さないで』(TBS系)も平均6.8%。さらに運の悪いことに今年1月に公開された、堤真一とW主演で話題になった映画『本能寺ホテル』は興収10億円以上を記録したが、制作サイドのフジテレビによる盗作疑惑が持ち上がり、ダークなイメージがついてしまいました。まさに今が正念場でしょうね」(制作会社プロデューサー)

 かつては連続ドラマ「きょうは会社休みます。」(日テレ系)、「JIN-仁-」(TBS系)などでもヒットを飛ばし、“高視聴率女優”と呼ばれた綾瀬。来年には映画「今夜、ロマンス劇場で」も控えているだけに、このドラマに賭ける思いは熱いに違いない。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?