エンタメ

漫画「ママレード・ボーイ」実写化でファンが真っ二つ分裂した「重大問題」!

 少女漫画誌「りぼん」(集英社)で1992年から連載された「ママレード・ボーイ」が映画化されると発表された。

「この漫画は、主人公・小石川光希と松浦遊がひょんなことから一緒に住むことになり、恋に発展するという物語で、ラストが衝撃的だということもあって話題になりました。1994年にはアニメ化され、人気が拡大して多くのファンを獲得。2013年からは美希の妹と弟が主人公の『ママレード・ボーイ little』の連載が始まり、こちらも人気です」(漫画誌ライター)

 そんな人気少女漫画の実写映画化でメガホンを取るのは「ストロボ・エッジ」「PとJK」の廣木隆一監督。

 気になるキャストは美希を「岡山の奇跡」こと桜井日奈子が、恋の相手となる松浦遊を吉沢亮が演じる。漫画の実写映画化となると、原作とキャストのイメージが合う、合わないで大激論がかわされることが多いが、ママレード・ボーイは今のところおおむね好評のようだ。

 だが、それとはまた別の大激論が起こっているという。

「『ママレード・ボーイ』をどう略するのかでファンが真っ二つに分かれています。主流派は『ママレ』ですが、『ママボ』だという声もあり激論になっています」(アニメ誌ライター)

「ママレ」派の声を拾ってみると、「『ママレ』以外にありえない」「『ママボ』って何だよ。母親の秘部みたいな名前じゃねーか」という意見が並ぶ。一方の「ママボ」派は「『ママ』と『ボ』を取るのが普通。『ママレ』じゃ略していることにならない」と声を上げる。どちらも譲らず真っ向から衝突している現状だ。

 果たしてどちらが正しいのか。アニメ化された94年当時のことをよく知るエンタメ誌ライターはこう証言する。

「漫画、アニメの関係者はみな『ママレ』と呼んでいましたから、『ママレ』が正解じゃないでしょうか。むしろ『ママボ』と呼ぶ人がいたことに驚きました。少女漫画ですから、そんな品のない音になる略し方はないと思います」

 桜井日奈子に『ママボ』と言わせてみたい気もするが、それはなかなか難しそうだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった