芸能

綾瀬はるか、新活劇ドラマで「爆死&トラブル続き」断ち切りに挑む女の正念場!

 10月から放送されるドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で、主役を務めることが明らかになった綾瀬はるか。3月25日に放送されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」以来、実に半年ぶりのドラマ出演となる。

「『精霊の守り人』は、NHK初の大河ファンタジーとして鳴り物入りで始まりましたが、昨年のシーズン1の平均視聴率は9.1%。今年のシーズン2は、平均7%と低迷。今年11月から始まるシーズン3も、今のままでは期待が持てません。その意味でも、今度のドラマで何とか巻き返しを計りたいところでしょう」(スポーツ誌デスク)

「奥様は、取り扱い注意」は、セレブな生活を夢見て合コンでゲットした男性と結婚するも、主婦たちが抱えるトラブルや夫が抱えていた過去の問題に直面。持ち前の正義感で乗り越え、本当の優しさと温かさを知っていく物語。綾瀬はここで、“正義感が強く、怒らせたらかなり危険”な主人公・伊佐山菜美の役を演じる。

 綾瀬はこの役について「『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』を合わせ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します(中略)いろんな見どころが詰まった作品なので、毎週観て頂けたら嬉しいです」と意気込みを語っている。

 温かいホームドラマに加えて「精霊たちの守り人」で披露したアクションシーンも、見どころのひとつだという。

「綾瀬はここ数年、視聴率に恵まれていません。主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』の平均視聴率は14.6%と、大河ドラマにしては低い数字で終わっています。去年放送された主演ドラマ『私を離さないで』(TBS系)も平均6.8%。さらに運の悪いことに今年1月に公開された、堤真一とW主演で話題になった映画『本能寺ホテル』は興収10億円以上を記録したが、制作サイドのフジテレビによる盗作疑惑が持ち上がり、ダークなイメージがついてしまいました。まさに今が正念場でしょうね」(制作会社プロデューサー)

 かつては連続ドラマ「きょうは会社休みます。」(日テレ系)、「JIN-仁-」(TBS系)などでもヒットを飛ばし、“高視聴率女優”と呼ばれた綾瀬。来年には映画「今夜、ロマンス劇場で」も控えているだけに、このドラマに賭ける思いは熱いに違いない。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!