芸能

綾瀬はるか、新活劇ドラマで「爆死&トラブル続き」断ち切りに挑む女の正念場!

 10月から放送されるドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で、主役を務めることが明らかになった綾瀬はるか。3月25日に放送されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」以来、実に半年ぶりのドラマ出演となる。

「『精霊の守り人』は、NHK初の大河ファンタジーとして鳴り物入りで始まりましたが、昨年のシーズン1の平均視聴率は9.1%。今年のシーズン2は、平均7%と低迷。今年11月から始まるシーズン3も、今のままでは期待が持てません。その意味でも、今度のドラマで何とか巻き返しを計りたいところでしょう」(スポーツ誌デスク)

「奥様は、取り扱い注意」は、セレブな生活を夢見て合コンでゲットした男性と結婚するも、主婦たちが抱えるトラブルや夫が抱えていた過去の問題に直面。持ち前の正義感で乗り越え、本当の優しさと温かさを知っていく物語。綾瀬はここで、“正義感が強く、怒らせたらかなり危険”な主人公・伊佐山菜美の役を演じる。

 綾瀬はこの役について「『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』を合わせ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します(中略)いろんな見どころが詰まった作品なので、毎週観て頂けたら嬉しいです」と意気込みを語っている。

 温かいホームドラマに加えて「精霊たちの守り人」で披露したアクションシーンも、見どころのひとつだという。

「綾瀬はここ数年、視聴率に恵まれていません。主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』の平均視聴率は14.6%と、大河ドラマにしては低い数字で終わっています。去年放送された主演ドラマ『私を離さないで』(TBS系)も平均6.8%。さらに運の悪いことに今年1月に公開された、堤真一とW主演で話題になった映画『本能寺ホテル』は興収10億円以上を記録したが、制作サイドのフジテレビによる盗作疑惑が持ち上がり、ダークなイメージがついてしまいました。まさに今が正念場でしょうね」(制作会社プロデューサー)

 かつては連続ドラマ「きょうは会社休みます。」(日テレ系)、「JIN-仁-」(TBS系)などでもヒットを飛ばし、“高視聴率女優”と呼ばれた綾瀬。来年には映画「今夜、ロマンス劇場で」も控えているだけに、このドラマに賭ける思いは熱いに違いない。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策