芸能

綾瀬はるか、新活劇ドラマで「爆死&トラブル続き」断ち切りに挑む女の正念場!

 10月から放送されるドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で、主役を務めることが明らかになった綾瀬はるか。3月25日に放送されたNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」以来、実に半年ぶりのドラマ出演となる。

「『精霊の守り人』は、NHK初の大河ファンタジーとして鳴り物入りで始まりましたが、昨年のシーズン1の平均視聴率は9.1%。今年のシーズン2は、平均7%と低迷。今年11月から始まるシーズン3も、今のままでは期待が持てません。その意味でも、今度のドラマで何とか巻き返しを計りたいところでしょう」(スポーツ誌デスク)

「奥様は、取り扱い注意」は、セレブな生活を夢見て合コンでゲットした男性と結婚するも、主婦たちが抱えるトラブルや夫が抱えていた過去の問題に直面。持ち前の正義感で乗り越え、本当の優しさと温かさを知っていく物語。綾瀬はここで、“正義感が強く、怒らせたらかなり危険”な主人公・伊佐山菜美の役を演じる。

 綾瀬はこの役について「『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』を合わせ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します(中略)いろんな見どころが詰まった作品なので、毎週観て頂けたら嬉しいです」と意気込みを語っている。

 温かいホームドラマに加えて「精霊たちの守り人」で披露したアクションシーンも、見どころのひとつだという。

「綾瀬はここ数年、視聴率に恵まれていません。主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』の平均視聴率は14.6%と、大河ドラマにしては低い数字で終わっています。去年放送された主演ドラマ『私を離さないで』(TBS系)も平均6.8%。さらに運の悪いことに今年1月に公開された、堤真一とW主演で話題になった映画『本能寺ホテル』は興収10億円以上を記録したが、制作サイドのフジテレビによる盗作疑惑が持ち上がり、ダークなイメージがついてしまいました。まさに今が正念場でしょうね」(制作会社プロデューサー)

 かつては連続ドラマ「きょうは会社休みます。」(日テレ系)、「JIN-仁-」(TBS系)などでもヒットを飛ばし、“高視聴率女優”と呼ばれた綾瀬。来年には映画「今夜、ロマンス劇場で」も控えているだけに、このドラマに賭ける思いは熱いに違いない。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった