芸能

「水曜日のダウンタウン」問題企画で蘇る小島瑠璃子“好感度の原点”

 2月21日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の「お互いに負けるよう指示された八百長対決、逆に目が離せない接戦になる説」が、以前「Qさま!!」(テレビ朝日系)で放送された『アイドル欲望ドッキリ!マネージャーに「絶対勝つな」と言われたらどうする?』と題して行われた企画のパクリではないか、と指摘されている。

「『水曜日の──』のほうでは、ペナルティのワッキーと内藤大助、パンサーの尾形貴弘とレイザーラモンHGの『ビーチフラッグス』対決や、なかやまきんに君とボビー・オロゴンの腕相撲対決などが行われましたが、ほぼ“カット”に近い形で、アイドルやグラドル5人によるイス取りゲームが差し込まれました。ゲーム開始後、5人のうち2人は座ってしまったが、残りの3人が不自然に座ろうとしないまま2分が経過。結果『没収試合』として少しだけオンエアされました。この光景に、『Qさま!!』がよぎった視聴者が多かったのだと思います」(テレビ誌ライター)

 2013年11月に放送された件のドッキリ企画は、まだブレイク間もない頃の小島瑠璃子、アイドリング!!!時代の菊地亜美、グラドルの原幹恵の3人が、クイズと水泳対決でマネージャーに「勝つな」と言われる楽屋の様子と、競泳の模様が放送された。これが、まさに彼女たちの現状の“答え合わせ”のようになっているというのだ。

「小島は勝ち残るとスケジュール的にもっといい番組の収録とかぶってしまうことを理由に八百長を持ちかけられた時に、明らかに難色を示し、わざと負けることによる罪悪感でピリピリとした雰囲気にすらなっていました。ところが、同じことを言われた菊地は負けることにノリノリ、原も渋々了解の様子でした。そして水泳のシーンになると、小島はいわゆる三角水着だったのに、菊地はアイドルグループだったからか、水着の上にと短パンを着用。普段、グラビアをやっている原でさえ、下には短パンを履いていたことに違和感を覚えました。そしてレースが始まると、小島瑠璃子は普通に泳いでぶっちぎりの優勝となりましたが、菊地と原は不自然に前へ進まない泳ぎを披露。明らかに“こじるりだけ感じがいい”内容だったことを覚えています。八百長を拒否して誠実に企画に取り組んだ小島瑠璃子、バッティングしている番組を天秤に掛けた狡猾な菊地亜美、八百長に難色を示しつつも『ま、いっか』と中途半端に取り組んだ原幹恵。売れっ子のこじるり、人気が落ち着いてしまった菊地、留学を理由に活動休止中の原。あれから5年、3人の現状を図らずも物語っているようではありませんか」(前出・テレビ誌ライター)

 制作サイドからの支持の厚さも、小島瑠璃子の人気の下支えになっているのは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪