社会

アイマイ語連発!ネットで怒りの声が集中「花粉症対策記事」のイライラ中身

 急にぽかぽか陽気の日になるなど、春に向け気温の差が激しくなったここ最近、街ではマスクを手放せなくなっている「花粉症」ピープルの姿が目立っている。どうしたら症状が緩和できるの? ネットでさまざまな抑制法をチェックし実践する人もいれば、やむを得ず医者で治療を施す人もいる。花粉症に関する記事にも敏感な、そんな方々の間で、あるニュースサイトがアップした「花粉症を悪化させる食材はこれだ!」という記事に、アクセスが集まったものの、中身の曖昧さに批判や不満の声が集まっているという。

「花粉症に苦しむ人ならとっくに知っているような内容がツラツラ書かれていたことも一因ですが、アルコールはダメ、甘いものはダメ、体に余分な熱を溜める脂っこいもの、コーヒー、辛いものもダメ、さらには体を冷やす果物や刺身や生野菜もダメ…なんて書いてある。記事を読んだ人たちが『じゃあ、いったい何を食べたらいいの?』と文句を言いたくなるのもうなずけます。『もう焼魚か野菜の煮物しかないじゃん』とあきれている声もありましたね」(女性誌記者)

 中でも、ネット民の怒りを買ったのは、具体的な対策がまったく語られていないことだという。

「先に挙げた食材も徐々に減らしていけばいいと記事は書いてますが“できるだけ”や“しょっちゅう”といった曖昧な表記が多い。『コーヒーは1日一杯でもしょっちゅうですか?』という皮肉ったコメントを投稿している人もいました」(前出・女性誌記者)

 記事には、荒れた肌からも花粉を吸収する、とあるが、これは「花粉症歴30年だが聞いたこともない」との反論の声も。記事にウソはないにせよ、読んで花粉症対策に有効な手も浮かばなかったことは確か。悪化させる食材を徐々に減らしていき、「症状が緩和するのを実感してください」と記事は締め括っているが、減らしていくうちに花粉症の季節は終わってしまう。そんなオチをつけてほしいのではないかと勘繰りたくなってしまう!?

(小机かをる)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり