芸能

「R‐1優勝」濱田祐太郎にネット民たちが“今後を危惧する”理由とは?

 去る3月6日にフジテレビ系で放送されたピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2018」決勝の視聴率が8.3%だったことが、ビデオリサーチの調べでわかった。ゴールデン枠で放送となった2009年以降で2番目に低い視聴率となり、相変わらずフジテレビの凋落ぶりを証明してしまったが‥‥。

「世間的には『フジにしては上出来』『もう看板番組』『他局なら15%の計算』など、小バカにされていましたが、それなりの“高視聴率”だったという認識のようです。それというのも、今回は、ほぼ全盲の芸人の濱田祐太郎が優勝ということで、放送後も話題になりました。濱田に決勝第一ラウンドの審査時、刻々と得点が加算される表示モニターを耳元で実況した女性芸人・紺野ぶるまの献身力も絶賛されていました。ですが、せっかく優勝して『信じられない気持ちしかない』と笑顔で賞金500万円を受け取った濱田が、本当に今後生き残っていけるのか。お笑い好きのネット民たちは危惧しているようですね」(エンタメ誌記者)

 ネット上の意見をまとめてみると、生き残るのは「厳しいのでは?」という結論に傾くという。

「というのも、これまでのR-1ぐらんぷり優勝者のその後のブレイク率の低さたるや、むしろタイトルを取らないほうがいいと思われるレベルだというんですね。決してつまらないわけではないですが、02年のだいたひかるから、浅越ゴエ、ほっしゃん。、中山功太、佐久間一行、三浦マイルド、やまもとまさみ、と、酷な言い方をすれば優勝という栄誉がウソのように“消えた人”のほうが多い。近年の優勝者も、じゅんいちダビッドソン、ハリウッドザコシショウも実力に見合った評価を受けていませんし、昨年のアキラ100%もどこまでもつか…。今でも一線で稼いでいるのは、06年にピンで出場して優勝した博多華丸ぐらいですから、ブレイク率は7%ぐらいかも。濱田は独特の芸風で、営業で人気が出そうなものの、今後は決して安泰ではないだろうという見方が多いんです」(前出・エンタメ誌記者)

 もともとは落語をローマ字で書いた時の頭の「R」が大会名の由来で、その後、ピン芸なら何でもアリのようになっていったR-1ぐらんぷり。迷走気味の同大会のジンクスを濱田は変えていけるか。

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
2
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?