芸能

沢尻エリカがお茶の間よりも映画館で支持される“不道徳な”理由とは?

20150607sawajiri

「憎まれっ子、世にはばかる」という言葉があるが、沢尻エリカほどこの表現がピッタリくる芸能人はいない。

 ところが、だ。沢尻が重要なヒロイン役を演じた映画「新宿スワン」は5月30.31日の週末興行成績で2億5232万円を記録、「ビリギャル」さえ及ばなかったディズニー映画「シンデレラ」を蹴落とし、興収ランキング1位に輝いたのだ。

「『新宿スワン』は人気漫画の原作、綾野剛らキャストの番宣も勝因ですが、1位までゲットできたのは、沢尻エリカの女性集客力による部分も大きいという声があります」(映画ライター)

 並みの女優なら尻込みしそうな型破りな整形美女役を演じ、22億円の興収をあげた映画「ヘルター・スケルター」によって、沢尻の生き様に憧れる女性ファンが急増したのだとか。今回も「新宿スワン」を観た女性ファンからは、「沢尻さん、可愛すぎる」「あんな胸やお尻になりたい」「神です」といった賛辞が飛び交っている。

「口では嫌いと言いながら、沢尻のワンランク上の存在感と美貌は、じつは100人中100人が認めているといっても過言じゃない。ところが、かつての発言、映画での役柄、奔放な私生活、もはやテレビ画面では彼女の不道徳なオーラを抑えきれないんです。沢尻エリカを見るのは一種の“怖いもの見たさ”に近い。何かいけないものを見るような不謹慎な気持ちにさせるんです。それにピッタリなのは、家族の揃うお茶の間より、真っ暗な映画館というわけです」(芸能記者)

 発売されたばかりの「アサ芸シークレットVol.34」のアンケート企画「見た瞬間、チャンネルを変えたくなる! マイナス視聴率美女ワースト30」では、AKB48や壇蜜、水原希子らアンチの多い個性派を抑えて、沢尻がみごとにワースト1位に輝いている。

 ある意味、近年珍しい女優然とした存在。過激さを抑えた「新宿スワン」には賛否があるようだが、彼女の悩殺ショットはバッチリ拝める。沢尻にはこれからもケチな道徳観は不要、いかがわしさ全開でスクリーンを彩ってもらいたいものだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”