政治

国会「スキャンダル報復合戦」のアホバカ舞台裏(2)マスコミを凌駕する調査能力

 この一件を巡っては、山尾氏の幹事長就任が内定していたことから、嫉妬による民進党の内部リーク説も流れたが、野党議員の見立ては違っており、

「当時、官邸と自民党が情報をつかんでいたのは事実。それだけに、山尾氏は刺されたのではないかとの疑念が消えない。情けない話だが、野党議員の間には今、できれば予算委員会の質問には立ちたくない、立ったとしてもスタンドプレーは避けなければ、との警戒心が広がっている。叩かれてホコリの出ない議員なんかいないからね」

 ならば、この議員が口にし、多くの野党議員が恐れおののく自民党の諜報活動、諜報機関とはいかなるものなのか。

「諜報機関として正式な独立組織があるわけではないが、諜報活動を任の一つとしている機関が存在しているのは事実。ズバリ、自民党本部内に組織されている『選挙対策本部』だ」

 こう明かすのは、東京・永田町の自民党本部に籍を置く、古参の幹部職員だ。

 現在、選対本部の役員には、本部長を務める安倍総理をはじめ、本部長代行の高村正彦氏(75)、本部長代理の二階氏、副本部長の竹下亘氏(71)、筆頭選対副委員長の萩生田光一氏(54)など、いずれも錚々たるクセ者が顔を並べている。古参職員が続ける。

「ただし、実際に諜報活動の指揮を執るのは選対本部の事務局長、事務局次長などを務める幹部職員。そして諜報活動が最も盛んになるのが、国政選挙や地方選挙を控えた選挙前の一定期間で、この時期には事務局長らが自民党の各県連、都連、府連、道連に情報収集の指示を出したり、場合によっては事務局長らがみずから各県連、府連、道連に赴いて情報収集の任に当たったりする。その調査能力はマスコミ以上だよ」

 この古参職員によれば、その際、調査の主たる標的となるのが、自民候補の敵に当たる対立候補だという。しかも、情報収集もカネ、女(対立候補が女性の場合は男)に始まり、過去を含めた素行、地元でのトラブル、さらには起訴に至らなかった逮捕歴など、「何でもござれ」の広範囲にわたっているのだ。

 選対本部の役員経験もある自民党の有力議員も、次のように打ち明ける。

「このようにして集められた索敵情報は、選対本部で保管、管理される。一部はネガティブ情報として表に出ることもあるが、多くの場合、情報を握っていること自体が大きな威力を発揮することになる。ここぞという時に本人にしかわからない形で情報が流れれば、野党の議員センセイたちは縮み上がって何もできなくなる、というわけだ」

 さらに言えば、この選対本部のほか、時に応じて個別の「実働部隊」が編成されることもある。例えば、民主党に政権を奪われ、下野した自民党の非常時に実働部隊長として活躍した、西田昌司参院議員(59)だ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)