政治

国会「スキャンダル報復合戦」のアホバカ舞台裏(2)マスコミを凌駕する調査能力

 この一件を巡っては、山尾氏の幹事長就任が内定していたことから、嫉妬による民進党の内部リーク説も流れたが、野党議員の見立ては違っており、

「当時、官邸と自民党が情報をつかんでいたのは事実。それだけに、山尾氏は刺されたのではないかとの疑念が消えない。情けない話だが、野党議員の間には今、できれば予算委員会の質問には立ちたくない、立ったとしてもスタンドプレーは避けなければ、との警戒心が広がっている。叩かれてホコリの出ない議員なんかいないからね」

 ならば、この議員が口にし、多くの野党議員が恐れおののく自民党の諜報活動、諜報機関とはいかなるものなのか。

「諜報機関として正式な独立組織があるわけではないが、諜報活動を任の一つとしている機関が存在しているのは事実。ズバリ、自民党本部内に組織されている『選挙対策本部』だ」

 こう明かすのは、東京・永田町の自民党本部に籍を置く、古参の幹部職員だ。

 現在、選対本部の役員には、本部長を務める安倍総理をはじめ、本部長代行の高村正彦氏(75)、本部長代理の二階氏、副本部長の竹下亘氏(71)、筆頭選対副委員長の萩生田光一氏(54)など、いずれも錚々たるクセ者が顔を並べている。古参職員が続ける。

「ただし、実際に諜報活動の指揮を執るのは選対本部の事務局長、事務局次長などを務める幹部職員。そして諜報活動が最も盛んになるのが、国政選挙や地方選挙を控えた選挙前の一定期間で、この時期には事務局長らが自民党の各県連、都連、府連、道連に情報収集の指示を出したり、場合によっては事務局長らがみずから各県連、府連、道連に赴いて情報収集の任に当たったりする。その調査能力はマスコミ以上だよ」

 この古参職員によれば、その際、調査の主たる標的となるのが、自民候補の敵に当たる対立候補だという。しかも、情報収集もカネ、女(対立候補が女性の場合は男)に始まり、過去を含めた素行、地元でのトラブル、さらには起訴に至らなかった逮捕歴など、「何でもござれ」の広範囲にわたっているのだ。

 選対本部の役員経験もある自民党の有力議員も、次のように打ち明ける。

「このようにして集められた索敵情報は、選対本部で保管、管理される。一部はネガティブ情報として表に出ることもあるが、多くの場合、情報を握っていること自体が大きな威力を発揮することになる。ここぞという時に本人にしかわからない形で情報が流れれば、野党の議員センセイたちは縮み上がって何もできなくなる、というわけだ」

 さらに言えば、この選対本部のほか、時に応じて個別の「実働部隊」が編成されることもある。例えば、民主党に政権を奪われ、下野した自民党の非常時に実働部隊長として活躍した、西田昌司参院議員(59)だ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…