芸能

視聴者が激論!「相棒」大杉漣の代役・杉本哲太は本当に若すぎるのか?

 ドラマ「相棒 season16」(テレビ朝日系)の警視庁副総監役が、14歳下の俳優に受け継がれることになった。2月21日に66歳で亡くなった大杉漣さんの代役として、52歳の杉本哲太が3月14日放送の最終回スペシャルに出演する。その杉本は14年1月期のドラマ「隠蔽捜査」(TBS系)で警察署長役を務め、17年7月放送の「犯罪資料館 緋色冴子」(TBS系)では警視庁捜査一課長として出演。そして今回は副総監と順調に出世を果たした形だ。

 そんな杉本の代役就任が決まると、視聴者の間ではその人選を巡って激論が交わされているという。特に懸念されているのは杉本の年齢だというのだ。

「最も目立つ批判は『杉本では若すぎる!』というもの。大杉さんとは一回り以上も歳が離れていることに加え、『相棒』の象徴である水谷豊が65歳であることから、その上司役が13歳も年下なのはバランスが悪いという指摘もあります。また警視庁副総監という要職に52歳では若すぎるという、現実とドラマの乖離を気にする意見もあります。ただ年齢の面を別とすれば、杉本が警察幹部の役を務めること自体には異論はないようで、『納得の配役』『ありがたい人選』と歓迎する声も少なくありません」(テレビ誌ライター)

 大杉さんとの年齢差はいかんともしがたいが、そもそも52歳での副総監就任はそれほど不自然なものなのだろうか? 国会公務員事情に詳しい週刊誌の記者が実情を解説する。

「最近は56歳前後が副総監に昇進する目安のようですが、歴代の副総監を見ると52歳で着任している例も珍しくはありません。そもそも副総監は上がりのポジションではなく、後職では警視庁の局長クラスや内閣官房、大阪府警察本部長などに就いており、キャリアパスの一環なのです。それゆえ52歳の杉本が副総監の役を務めることに何ら無理はなく、むしろ国家公務員の定年をオーバーする66歳だった大杉のほうが、年齢面では異例だったことになります」

 ちなみに杉本は07年に放送された相棒シリーズの元旦スペシャル「バベルの塔~史上最悪のカウントダウン!爆破予告ホテルの罠」にて犯人役で出演。11年後に副総監役で戻ってくるという数奇な巡り合わせとなったことにもまた、注目が集まりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?