芸能

さらば青春の光・森田が語る独自の“ゲス理論”に世の女性が猛反発した理由

 まず、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢とは、かつて、事務所の先輩芸人の妻と不貞行為を働いてクビになった原因の東ブクロ(東口宜隆)“じゃない方”である。

 3月11日に放送された「俺の持論」(テレビ朝日系)に森田が出演。独自のモテ持論を語り、ネットで猛批判を浴びている。

「森田は、アメリカの動物学者・ドガトキン氏が行った実験結果を参考に“モテる男がモテる”と題した、モテる状態がさらなるモテを呼ぶという理屈の持論を展開しました。その根拠として、何度アプローチしても振り向いてくれなかった女性に対し、森田の後輩がジョークで森田はグラドルの中村静香と付き合っている、と告げると、その日についに“お持ち帰り”できたというのです。そのカラクリは『ボクに抱かれると中村静香と同じランクになれる。女子はそういう生き物なんですよね』と大見得を切ったのです」(テレビ誌ライター)

 森田が口説いた女性はそうだったかも知れないが、この例を持って「女子はそういう生き物」とはいささか乱暴だったかも知れない。前出・テレビ誌ライターが続ける。

「さらに、森田は『一度、アパレル店で“可愛くない”と判断して見送ったコートも、雑誌で自分が好きなモデルが着ているのを見たら“欲しいな”ってなりません?そのダサいコートがボクです』と、例え話で妙に説得力を持たせ、スタジオ内を納得させていましたが、ネット上では“女性は抱く対象”だという偏った見識に対し、『クソ気持ち悪い』『女性に対して失礼すぎる。女性をけなしてるとしか言いようがない』『ワンナイト目当てより真剣に彼女や好きな人を見つけようとした方がいいと思う』といった批判の声が相次ぎました。まあ、当然でしょう」

 ちなみに、前出のドガトキン氏が行った実験によれば〈女性は優秀な遺伝子を残すため、人気のある男性に惹かれる傾向がある〉ということが証明されており、森田の言う「モテる男がモテる」という考えは、的を射ているとも言える。しかし、問題はそこではなく、森田の女性に対する“蔑視的”な見方。

「さらば青春の光が、賞レースで結果を残し続けていてもイマイチ売れないのは、こういったゲスな部分がにじみ出てしまうからなのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 実力は折り紙付きの「さらば」に必要なのは“ネタの向上”ではなく、“好感度の向上”なのかも知れない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史