芸能

2018年春「刑事ドラマ美女」の私生活を強制捜査(3)2児の母とは思えない安達祐実の妖艶さ

 出演作の8割が刑事役と板についた、内藤剛志(62)が主演を務める「警視庁・捜査一課長」(テレ朝系)に安達祐実(36)がシリーズ初登場する。

「木村拓哉(45)主演の『BG』では妻役に山口智子(53)を起用し、『ロンバケ以来22年ぶりの共演』と他局の人気ドラマで話題作りをしたテレ朝が、今度は『家なき子以来23年ぶりの共演』という話題で仕掛けてきました。かつて過激なシーンの多かった伝説のドラマで一緒だっただけに、2人の息は本物の親子以上にピッタリです」(テレビ誌記者)

 私生活では2児の母でもある安達が‥‥。

「前夫のスピードワゴン・井戸田潤(45)との間の娘はちょうど安達が『家なき子』で演じていた役の年齢になりました。さらに再婚したカメラマンの夫との間に2人目の子が生まれたばかりですが、子育てを差し置いて、働きまくっています」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 今季ドラマでは、深夜ドラマ「リピート」(日テレ系)で理系女子、月9「海月姫」(フジ系)で人形オタクの腐女子、「99.9」(TBS系)でも事件の目撃者役でゲスト出演するなど複数ドラマを掛け持ちして八面六臂の活躍ぶりだ。ドラマプロデューサーが明かす。

「祐実ちゃんは、演技のうまさで定評があるばかりでなく、子役出身には珍しく、尊大ぶることもないので30年以上のキャリアを感じさせない。主演でなくてもどんな汚れ役でも引き受けてくれるので、ドラマ界では引く手あまたなんです」

 同情なしでも仕事が舞い込むとは立派! 実際、配信中のドラマ「不倫食堂」(FOD)の第1話では、2児の母とは思えぬ艶っぽい演技まで披露していた。

 静岡・浜松市の小料理屋の人妻女将に扮した安達は、出張サラリーマン相手に、幻とも言われる食材の「ドウマンガニ」を1パイ提供する。

「まだ、召し上がります?」

 カニ汁で濡れた指をチュバッとすすり上げ妖しげに誘う。奥座敷でカニの甲羅のような赤襦袢を脱ぐと、いきなり騎乗位の体勢で男の動きを制すや、胸をチュバチュバ吸い上げる。たまらず男が正常位で高速ピストン責めすると、足を男の腰に絡めて深突き状態に持ち込み、絶叫する。

「ハァ~ン~、クセになっちゃいます」

 そのまま対面座位で抱き上げられると、みずから振りたてる淫ら腰で絶頂へ昇り詰めるのだった。

「裸をウリにした仕事が続いていますが、実際に『裸になれるので映画の主役を』と売り込みをかけているそうです。夫が撮影する写真集の第2弾もすでに構想段階に入っているとか」(広告代理店関係者)

 子役から結婚、離婚、再婚と成長していった、祐実ちゃんの大きくなった「グ」が躍動している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…