芸能

熱闘!春の選抜「爆裂バスト甲子園(中国・四国・九州・沖縄ブロック)広島代表は筋金入りのカープ女子

 3月23日に開幕した春のセンバツ高校野球。地元チームの応援は野球ファンに任せ、グラドルファンは「オラが町の爆裂バストアイドル」にエールを送ってみてはどうだろうか。

 あまたいるグラドルの出身地を片っ端からチェックして、全国47都道県の「爆裂バスト代表」を決定したのは、グラビア誌「アサ芸Secret!」。このブロックはすべての県が様々な海に面して、より野性的なボディが誕生している。

鳥取

吉倉明里(170センチ B86・W65・H88)

47都道府県で最も人口が少ないこともあり、誰もが「砂丘」しか思い出せない。これからの新名物は、この色白ボディが背負う。

島根

池田裕子(165センチ B84・W58・H85)

プロフィール上の出身地は横浜だが、両親がともに島根県隠岐諸島の生まれのため、池田の出産は同地の隠岐病院であったとか。

岡山

蒼井ちあき(150センチ B82・W58・H88)

MEGUMIや神楽坂恵など、白桃のような巨乳の産地として名高い岡山。偉大なる諸先輩に負けじと名乗りを上げた20歳の新鋭。

広島

菜乃花(160センチ B90・W58・H86)

グラビアでは気合いの入ったバットスイングも披露していたように、筋金入りのカープ女子。今年もリーグ優勝へひた走るチームとともに快進撃。

山口

木村あやね(174センチ B88・W60・H90)

関門海峡を背にして、長身の妹系グラドルが誕生した。モグラ女子のようでいてあどけない笑顔は、荒波のようにドキドキさせられる。

徳島

園都(157センチ B90・W61・H88)

生まれは阿波踊りで知られる徳島県阿波市。昨年からブレイク街道を一気に上昇しているだけに、これは一緒に踊らにゃ損々!

香川

和泉美沙希(156センチ B88・W58・H84)

全国48万人のデータによると、爆裂バスト率の1位に選ばれたのが香川県であるとか。うどんだけではない自慢は、この胸が証明する。

愛媛

吉田実紀(165センチ B100・W73・H95)

愛媛が生んだムチムチの恵体で、Kカップを誇る。今年の「ミスアクション」準グランプリにも選ばれ、果汁100%の美味のようだ。

高知

晴野未子(162センチ B88・W61・H88)

なめたらいかんぜよっ! まだ全国的な知名度は低いけど、明治維新の志士たちのように、ここから天下を取っちゃるけんねっ!

福岡

紗綾(150センチ B92・W63・H90)

小学生の頃からグラドルだったため、東京出身かと思ったら北九州市生まれ。近年は北九州市観光大使として魅力をアピール。

佐賀

溝口恵(164センチ 推定8センチ・Dカップ)

芸人・はなわがかつて歌ったように松雪泰子も、さらに中越典子や優木まおみも佐賀生まれ。そんな美人の隠れ産地に、また1人エントリー。

長崎

青山ひかる(154センチ B95・W59・H90)

近代日本の象徴である長崎の港には、あらゆる文化が入ってきた。青山ひかるの異次元ボディにつながるDNAも、その1つなのか。

熊本

山ノ内ゆり(158センチ B78・W58・H78)

熊本出身だけでなく、グラビア界には珍しい「熊本在住」という立ち位置がほほえましい。くまモンのように愛される存在となれ。

大分

後藤郁(156センチ B80・W56・H81)

元「アイドリング!!!」のメンバーだが、オーディションの選考期間中は地元の杵築市が市を挙げて応援したというエピソードも。

宮崎

仲村美海(158センチ B86・W59・H86)

宣材写真だけで「週刊プレイボーイ」の巻頭を飾ったという逸話を残した。マンゴーのような美体は、今年のグラビア界の台風の目に。

鹿児島

里々佳(158センチ B83・W60・H85)

女性誌やヘアカタログ誌で活躍していたが、桜島の噴火を思わせるダイナミックボディは、グラビア方面に進出して人気を拡大した。

沖縄

桜りん(163センチ B94・W62・H92)

安室奈美恵やSPEEDなど90年代は沖縄出身が芸能界を席巻したが、それは過去の話ではなく、童顔Fカップも「島人ぬ宝」だ

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」