スポーツ

「選抜第52回大会」中西清起の活躍で“万年準優勝校”高知商が初制覇

 大会3日目の第1試合で関東大会の覇者・中央学院(千葉)と対戦する四国の強豪・明徳義塾(高知)。春の選抜は今年で3年連続18回目の出場となるが、実はまだ優勝したことがない。夏の選手権では2002年の第84回大会で優勝経験のある同校。今回は昨秋の明治神宮大会を制覇していることもあって、優勝候補として甲子園へ乗り込んできており、春の選抜初制覇に期待がかかる。

 高知県にはこの明徳義塾と逆で春の優勝はあっても夏の優勝がない強豪校がある。戦後すぐの1948年第20回大会で初出場を果たした古豪・高知商である。阪神タイガースの藤川球児の母校としても知られる同校はその2年後の第22回大会でいきなり準優勝。そこからまた7年後の第29回大会でも準優勝と、優勝までいつもあと一歩届かなかった。その後、夏の選手権でも1978年第60回大会で決勝戦進出を果たし、9回表まで2‐0とPL学園(大阪)にリードしていたものの、その裏にまさかの大逆転負けを喫し、春夏通じて決勝戦は3戦3敗。シルバーメダルコレクターと化していたのである。

 そんな高知商を甲子園初優勝へと導いたのが、中西清起である。1985年にリーグ優勝&日本一に輝いた阪神タイガースで、リリーフエースを務めていたといえばご存知の方も多いだろう。中西は打つほうでも4番打者。文字通りチームの大黒柱だった。そしてこの中西擁する高知商が堂々の優勝候補として春の選抜に臨んだのが1980年第52回大会である。

 初戦で新宮(和歌山)を9‐1、2回戦で富士宮北(静岡)を7‐0と投打で圧倒した高知商は準々決勝で尼崎北(兵庫)と対戦。だが、この日の中西は不調で相手打線から13安打を浴びてしまう。初回に1点、3回にも2失点を喫するが、投がダメなら打で貢献するのがチームの大黒柱である。2回にソロ本塁打を放つと1点差で迎えた8回には左翼フェンス直撃の逆転2点二塁打を放ち、4‐3で逃げ切ったのである。

 準決勝では同じく優勝候補に挙げられていた名門・広陵(広島)を5‐1で撃破。中西は被安打3の快投を見せた。こうして高知商は悲願の初優勝へ春夏通算4度目の決勝戦へと挑んだのである。

 決勝の相手は伏兵・帝京(東京)。大会前はさほど評価の高くなかったチームだが、のちにヤクルトスワローズでも活躍するエース・伊東昭光を中心にした守りの野球で勝ち抜いてきた。こうして試合はのちのセ・リーグを代表する投手同士の投げ合いとなり、たがいに譲らなかった。結局、0‐0で突入した延長10回裏。1アウト3塁から高知商が犠牲フライで劇的なサヨナラ勝ち。ようやく“万年準優勝校”の名を返上したのである。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
2
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
5
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?