芸能

光浦靖子、「めちゃ日本女子プロレス」でAKB48横山由依に見せた凄みの理由!

 3月17日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)にて、光浦靖子がベテラン芸人の凄みを見せつけた。今回は「めちゃ日本女子プロレスFINAL」と題して、同番組の名物コーナーがラストマッチを迎え、チャイナナイト光浦率いる王者チームの“フレッシュギャルズ(終)”に、現役アイドルのAKB48軍団が挑む形となった。

 この「めちゃ日本女子プロレス」はプロレスをネタにしたお笑いかと思いきや、出場者は入念にトレーニングを積み、華麗なプロレス技で魅せる点が見どころ。今回の対戦ではAKB48の横山由依が光浦の後頭部にサッカーボールキックを浴びせたかと思えば、顔面に後ろ蹴りのトラースキックをぶち込むなど、見ているほうが「痛っ!」と叫んでしまう技の応酬が、息をのむほどの迫力だった。

「ネットでは横山の蹴りに対して『やりすぎ』との批判もあるようですが、お門違いもはなはだしい。素人の蹴りでは足が上がらずに変な場所に当ててしまいがちですが、横山はアイドル活動で鍛えた柔軟性を武器に的確に相手をヒットし、試合をきっちり成立させていました。そして何より蹴られる側の光浦が、プロレスの華である『受け』を完璧にこなしていたのは特筆に値します。蹴りを怖がって顔を背けたりすると、かえってケガをしてしまうもの。光浦のように相手の蹴りを受けきるほうが危険度が少ないですし、あの受けっぷりには芸人としての凄みすら感じましたね」(スポーツライター)

 その光浦は1999年からこの「めちゃ日本女子プロレス」に参戦している超ベテラン選手。過去には小池栄子や大原かおりといった人気グラドルとの対戦がメインで、中でも2003年3月8日に放送されたMEGUMI・根本はるみ組との対戦は、名勝負として語り草だという。

「森三中の大島美幸とタッグを組んだ光浦は、冒頭からMEGUMIとビンタの応酬。空手経験者の根本にはみずから蹴りを繰り出すも、その体重差ゆえに軽々と持ち上げられ、鮮やかなブレーンバスターを食らう始末です。そして圧巻はアルゼンチンバックブリーカーで持ち上げられるも、体を入れ替えて回転エビ固めに丸めたシーン。さらに根本に返され、コーナーポストに顔面から突っ込んでいくというオマケ付きでした。ここで光浦が披露したフィジカルの高さたるや、痩せぎすの文科系女子とは思えないすさまじさでしたね」(前出・スポーツライター)

 この試合では根本に対して掟破りの逆ブレーンバスターまで決めてみせた光浦。その光浦に対して「AKB横山の蹴りがエグい!」と批判するのは、むしろ失礼というものだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相