スポーツ

KKコンビの5季連続甲子園決勝進出を阻み初出場初優勝した高知・伊野商

 桑田真澄&清原和博(ともに元・読売など)の“KKコンビ”のPL学園(大阪)は高校野球史上最強チームの一つとされているが、実は5季連続甲子園出場を果たした中で唯一、決勝進出を逃したことがある。それが1985年の第57回春の選抜。豪腕・渡辺智男(元・西武など)を擁する伊野商(高知)が立ちはだかったのだ。

 とはいえこの伊野商、当時地元の高知県下では高知商、高知、明徳義塾と並び4強の一つに数えられていたというが、その中では唯一、春夏ともに甲子園出場経験がなく全国的にはまったく無名の存在。当然、伊野商ナインの思いは“初戦突破”。初陣らしい目標だった。

 ところが抽選の結果、初戦でこの大会、優勝候補の一つに挙げられていた東海大浦安(千葉)と対戦することに。戦前は東海大浦安有利との声が圧倒的だったが、それを吹き飛ばしたのが渡辺だった。打っても4番を務める渡辺は1回表、2死一塁から豪快な先制2ラン。東海大浦安ベンチの度肝を抜く一撃だった。投げては被安打6の1失点完投。5‐1で甲子園初勝利を挙げたのだ。

 2回戦の鹿児島商工(現・樟南)戦は1点を追う3回に2安打3四球に犠打を絡めて2点を取り逆転。4、6回にもバントから得点に結びつけてリードを広げる。結局、5‐3で勝利となったが、放ったヒットは伊野商12本に対し鹿商工は9安打で、5犠打の伊野商に対し、鹿商工は0。この差が勝敗を決めたのだった。

 準々決勝は同じ四国の西条(愛媛)と対戦。伊野商は初回と4回に四球でもらったチャンスからタイムリーでそれぞれ得点。5‐0とリードしたことで渡辺は余裕の投球を披露。大きなフォームからの伸びのあるストレート、小気味よく決まるカーブとシュートで西条打線を沈黙させた。被安打7ながら甲子園初完封を演じたのである。

 そして迎えた準決勝でついにKKコンビのPLと激突したのである。そのPLのエース桑田から初回にエラー絡みながら2点を先制。6回には7番・横山博行のタイムリー二塁打で1点を追加した。一方で渡辺は140キロを超す速球を武器にPL打線をねじ伏せる。5回裏に9番・松山秀明(元・オリックス)に本塁打を喫して1点を失ったものの、それ以外で二塁を踏ませたのはわずか1度という快投を見せた。しかもPLの主砲・清原からは4打数で3奪三振1四球。この清原には全19球を投じているが、カーブはたった1球のみ。あとはすべて直球だった。にもかかわらず清原は全球バットにかすることすら出来なかった。被安打6の1失点完投。3‐1での金星だった。

 翌日の決勝戦で渡辺は帝京(東京)相手に打ってはみずからもこの大会2本目となる2ランを放ち、投げては被安打6の完封劇。4‐0で勝利し、大会史上13校目の初出場初優勝を決めた。後年、社会人を経て西武に入団した渡辺はそこで清原と久々再会するが、そこで「待ってたよ」と声をかけられたという。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
3
沢尻エリカ、「薬物事件」で「松坂桃李ファンが大ショック」の理由!
4
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは