スポーツ

三重県勢唯一の選抜優勝校は春夏あわせて25回の甲子園出場を誇る三重高校

 大会7日目に登場する三重県の三重高校。県内では春13回、夏12回という出場最多を誇る古豪である。そして春の選抜では三重県勢唯一の優勝校でもある。

 1969年第41回大会。この時のチームはエース・上西博昭(中京大からのちにプロゴルファー)と中田和男(中京大)のバッテリーで前年夏にも甲子園に出場しており、試合経験が豊かであった。初戦は開会式直後の第1試合。古豪・向陽(和歌山)が相手。効率的な攻めに徹した三重は7安打で3点をあげ、上西も向陽打線を6安打1失点に抑えて完投。3‐1で勝利する。続く2回戦は古豪の平安(現・竜谷大平安=京都)との対戦となったが、三重打線は12安打を放ち6得点。上西は相手打線に9安打を許す苦しい展開となったが、二番手で登場した伊藤隆司(中京大)が好リリーフを見せ、6‐2で振り切った。その伊藤が準々決勝の尼崎西(兵庫)戦でも大活躍。勝負どころでホームランを放ち、4‐3の辛勝ながらベスト4進出を果たしたのであった。この試合、三重の安打は7本。そのうち上西も三塁打を含む2安打を放ち、投打の中心選手であることを示した。投げては被安打6本と安定した投球ぶりであった。

 準決勝は優勝候補の一角・浪商(現・大体大波商=大阪)と激突。三重は2回表に2四死球などで満塁のチャンスをつかむとスクイズで先制。6回表には連続長打で1点を追加した。守っては上西が浪商の強力打線をわずか3安打に抑えて完封し、2‐0で勝利を収めた。上西は丁寧な投球が身上で、準々決勝、準決勝と勝ち上がるにつれて尻上がりに球速が伸び、低めへのコントロールも絶妙となっていったのである。

 近畿勢を相次いでなぎ倒して決勝戦へと進出した三重。その決勝の相手は初出場の堀越(東京)だった。1回戦を除いてすべて先攻を取ってきた三重はこの試合も先攻を取る。そしてその初回。先頭打者の大野知生(中京大)がいきなり初球を打って三塁強襲の内野安打で出塁。これが1アウト一、三塁のチャンスに広がり、そこで先制タイムリーが飛び出した。さらに盗塁、スクイズ、四球と絡めて初回に一挙4得点。試合の主導権を握ったのである。その後も攻撃の手を緩めずにトータル17安打の猛攻で2回と3回に1点ずつ。終盤の8回表には大量6点を加え、決勝戦としては当時の新記録となる得点差の12‐0で大勝し、三重県に初めて紫紺の大優勝旗を持ち帰ったのであった。

 その栄光から今年で約半世紀が経つ。今年のチームは果たして三重県に2度目の優勝をもたらすことが出来るのだろうか。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト