スポーツ

野村克也×江本孟紀「2018プロ野球開幕“ど真ん中大放談”」(4)村田は高知に来てくれれば…

──広島とは対照的に、パ・リーグで育成上手と言われるのが金満球団のソフトバンクです。

江本 組織がしっかりしてますよ。3軍が球場を持って独立リーグのチームと試合をしているのはソフトバンクと巨人だけ。

野村 強さの要因は孫オーナーだよ。「金は出すけど口は出しません」と公言してるからね。組織はリーダーの力量以上には伸びないという原則があるけど、オーナーとしては最高だよね。

江本 やっぱり金があるからできることですけど、2軍でも3軍でもみんなピリピリして競争してるから、いい選手だけを上に上げて戦える。日本代表のエースにまでなった千賀だって、育成出身ではい上がったんですから。

──一方で同じような状況のはずの巨人は若手が伸び悩み、育成を理由に村田修一をクビにしました。

江本 まあ、本当の理由はわからないけどね。どうしても巨人は内野手が余るから。守備はいまだに天下一品ですけど、バッティングが衰えたことは否定できないですし。

野村 かわいそうにね。宮本や俺じゃないけど、よっぽど処世術が下手なんじゃないの。

江本 同じ独立リーグでも、僕が総監督をやってる高知に来てくれればよかったのに、栃木なんかに行って(笑)!

野村 本当に野球が好きなんだろうね。普通ならやめますよ。

江本 昔はみんなやめてましたからね。僕と同い年の松岡弘なんて191勝で「もう、あと10勝はできない」ってやめましたから。今は選手生命が長くなったと言いますけど、ちゃんとした成績を残さずにただ長くやるだけなら、誰でもできるんですよ。

野村 というより、巨人に行ったのが間違い。あそこは生え抜き意識が強いから。ヤクルトに広澤っていただろ? FAで巨人に行ったけど、俺は大反対したんだよ。「やめとけ、やめとけ。使えなくなったら即クビにされるぞ」って。それでも、「どうしても出たい」と出ていって、結局、使い捨てですわ。あげくの果てに、ちょうど阪神の監督やってたから、俺のところに頭下げに来たんですよ。それで獲ってやったんだけど、「監督の言うとおりでした」と。そんなの、言われんでもわかってたやろと。

江本 でも、監督のところに行くっていうのは、広澤もなかなか処世術がうまいじゃないですか。

野村 わはははは、そうかもしれんね。

江本 そこで頭を下げに行けない選手は多いですよ。

野村 いやあもう、そういう星の下に私は生まれて、ダメなのばっかりが集まってくる監督人生だね。

野村克也(のむら・かつや) プロ野球史上初の捕手三冠王にして、安打、打点、本塁打、出場試合数のいずれも歴代2位の記録を持つ。南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任し、球界随一の知将として輝かしい成績を残した。

江本孟紀(えもと・たけのり) 70年に東映フライヤーズに入団。翌年、南海に移籍すると野村監督に才能を見いだされ活躍。プロ通算113勝で81年に引退する。92年から参議院議員を2期12年務め、現在は独立リーグ・高知ファイティングドッグス総監督。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開