芸能

話題のオフィス北野、意外ジャンルで活躍する「すごすぎ芸人」の素顔とは?

 ビートたけしが離脱・独立を宣言し、世間の注目を浴びているオフィス北野。その「リーサルウェポン」と目されているのが、漫才師の米粒写経・サンキュータツオだ。

 テレビ出演する際は、決まってインテリ枠。実は史上初の学者芸人。早稲田大学院博士課程を修了して(早稲田に14年も通った!)、現在は一橋大学、早稲田大学、成城大学などの非常勤講師も務める。日本語学の研究者でもあるのだ。さらに今年、もうひとつの“芸人史上初”を達成した。

「『広辞苑』の執筆者に加わったんです。1955年に初版が刊行された『広辞苑』は1月12日、第七版としておよそ10年ぶりに改訂されました。新たに約1万項目が追加され、25万語ほどが収録されていますが、この作業に、サンキューさんが参加しているんです。あとがきに載っている200人ほどの専門作家の中に、サンキューさんは芸人ではなく、“サブカルチャー”の肩書きで記されています」(出版コーディネーター)

 サンキューは、およそ230冊もの国語辞典を所有するコレクターでもある。さらに、大のマンガ・アニメ好き。この3要素が版元・岩波書店の編集者の目に留まり、およそ3年前から実は、編集局員として稼働していた。

「追加される言葉の選別・プレゼンから参画。サンキューさんは『動画サイト』や『ボカロ』といった新語・人名を提案して、採用されたそうです。ツンデレやCV(キャラクラーボイス=声優)、マリオなどは不採用だったといいますが」(前出・出版コーディネーター)

 08年、オフィス北野の無名芸人3人でひっそり始めた自主制作のポッドキャストラジオ『東京ポッド許可局』は現在、TBSラジオでオンエア。パーソナリティーのマキタスポーツは、芸人、ミュージシャン、俳優として、ドラマや映画に引っ張りだこ。プチ鹿島は時事芸人としての地位を確立し、出版した新書はベストセラーになった。そして、「広辞苑」芸人まで生んだサンキュータツオと、今年誕生10周年の「東京ポッド許可局」は、オフィス北野所属芸人の「人材の宝庫」ぶりを雄弁に物語っているようだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”