スポーツ

「選抜第33回大会」のちのV9戦士・柴田勲擁する法政二が夏春連覇

 ここ数年の高校野球は大阪桐蔭が“絶対的王者”として君臨してきたが、その最強校論争をするうえで、必ず候補に挙がってくるチームがある。1961年の第33回春の選抜を制し、前年夏に続く優勝で史上3校目の夏春連覇を達成した法政二(神奈川)だ。

 戦後、最初の、最強チームと謳われた同校はのちにプロ野球の読売巨人軍でリードオフマンとして活躍し、栄光のV9に貢献した柴田勲が絶対的エースとして君臨するなど、タレントぞろい。さらにこの柴田の控えとしてベンチ入りした左腕の村上雅則が、のちに日本人初のメジャーリーガーになったというから、その実力がわかろうかというものだ。

 その第33回春の選抜で、法政二は2回戦から登場し、まずは北海(北海道)と対戦した。初回に1点を先制すると、3回表にも2点を加え、序盤で主導権を握り4‐1で快勝。連覇へ向けて好発進する。続く準々決勝は難敵の浪商(現・大体大浪商=大阪)が相手だった。前年夏にも2戦目で対戦し、その時は4‐0で快勝しているが、雪辱に燃える相手の2年生エース・尾崎行雄(元・東映)が急成長を遂げ、大会屈指の右腕と言われるほどになっていた。

 試合は1回裏に浪商が1点を先制。注目の尾崎は最初から力で押しまくり、4回を終わって強力・法政二打線から7奪三振。一人の走者も許さなかった。だが、王者はまるで慌てない。5回表に相手エラーからチャンスをつかむと、すかさずタイムリーを放ち同点に。なおも1死二塁から左翼安打が飛び出してあっさりと逆転に成功したのである。7回表にも1点を加え、3‐1で勝利を収めたのだった。放ったヒットは両軍ともに5本だったが、法政二が勝負どころで打ったのに対し、浪商は柴田の前に散発に抑えられた。その差が勝敗を分けたのである。

 準決勝は名門の平安(現・竜谷大平安=京都)相手に18安打で10得点。この試合、体調を崩していた柴田は6回を投げて11安打を浴びたものの、1失点のみ。テクニックでかわし、相手打線に決定打を許さなかった。7回からは2番手の村上が今大会初登板。無失点で投げきり、10‐1の大勝で史上3校目となる夏春連覇へと王手をかけたのだった。

 決勝戦の相手は古豪・高松商(香川)。前年の選抜覇者でその優勝投手・左腕のエース松下利夫(明大ー四国電力)が健在で、連覇を狙って勝ち上がってきた。その松下を打線が3回表に攻略する。1死満塁のチャンスから押し出しの死球と中前タイムリーで3点を先制。8回表にも絶妙な走塁で1点を加え、勝利を引き寄せた。投げてはエース・柴田が前日の不調から立ち直り、散発の5安打完封劇。スコアは4‐0ながら法政二の圧勝であった。

 同年夏。法政二は史上初となる夏春夏の3連覇を目指し、三たび甲子園へとやってきた。しかし、準決勝で浪商との延長11回の激闘の末、2‐4で惜敗。過去2度の敗戦の雪辱に燃えたライバルの前に屈したのだった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”