スポーツ

「選抜第33回大会」のちのV9戦士・柴田勲擁する法政二が夏春連覇

 ここ数年の高校野球は大阪桐蔭が“絶対的王者”として君臨してきたが、その最強校論争をするうえで、必ず候補に挙がってくるチームがある。1961年の第33回春の選抜を制し、前年夏に続く優勝で史上3校目の夏春連覇を達成した法政二(神奈川)だ。

 戦後、最初の、最強チームと謳われた同校はのちにプロ野球の読売巨人軍でリードオフマンとして活躍し、栄光のV9に貢献した柴田勲が絶対的エースとして君臨するなど、タレントぞろい。さらにこの柴田の控えとしてベンチ入りした左腕の村上雅則が、のちに日本人初のメジャーリーガーになったというから、その実力がわかろうかというものだ。

 その第33回春の選抜で、法政二は2回戦から登場し、まずは北海(北海道)と対戦した。初回に1点を先制すると、3回表にも2点を加え、序盤で主導権を握り4‐1で快勝。連覇へ向けて好発進する。続く準々決勝は難敵の浪商(現・大体大浪商=大阪)が相手だった。前年夏にも2戦目で対戦し、その時は4‐0で快勝しているが、雪辱に燃える相手の2年生エース・尾崎行雄(元・東映)が急成長を遂げ、大会屈指の右腕と言われるほどになっていた。

 試合は1回裏に浪商が1点を先制。注目の尾崎は最初から力で押しまくり、4回を終わって強力・法政二打線から7奪三振。一人の走者も許さなかった。だが、王者はまるで慌てない。5回表に相手エラーからチャンスをつかむと、すかさずタイムリーを放ち同点に。なおも1死二塁から左翼安打が飛び出してあっさりと逆転に成功したのである。7回表にも1点を加え、3‐1で勝利を収めたのだった。放ったヒットは両軍ともに5本だったが、法政二が勝負どころで打ったのに対し、浪商は柴田の前に散発に抑えられた。その差が勝敗を分けたのである。

 準決勝は名門の平安(現・竜谷大平安=京都)相手に18安打で10得点。この試合、体調を崩していた柴田は6回を投げて11安打を浴びたものの、1失点のみ。テクニックでかわし、相手打線に決定打を許さなかった。7回からは2番手の村上が今大会初登板。無失点で投げきり、10‐1の大勝で史上3校目となる夏春連覇へと王手をかけたのだった。

 決勝戦の相手は古豪・高松商(香川)。前年の選抜覇者でその優勝投手・左腕のエース松下利夫(明大ー四国電力)が健在で、連覇を狙って勝ち上がってきた。その松下を打線が3回表に攻略する。1死満塁のチャンスから押し出しの死球と中前タイムリーで3点を先制。8回表にも絶妙な走塁で1点を加え、勝利を引き寄せた。投げてはエース・柴田が前日の不調から立ち直り、散発の5安打完封劇。スコアは4‐0ながら法政二の圧勝であった。

 同年夏。法政二は史上初となる夏春夏の3連覇を目指し、三たび甲子園へとやってきた。しかし、準決勝で浪商との延長11回の激闘の末、2‐4で惜敗。過去2度の敗戦の雪辱に燃えたライバルの前に屈したのだった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」
2
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
3
ドケチでおなじみの嵐・二宮がまさかの金欠を告白!その理由とは?
4
本気のオトコ探し?ブルゾンちえみの肌着姿に「女感じる」興奮コメント殺到
5
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃