政治

「茶番喚問」を喜ぶ8人の「クソ野郎」と恥ずかしき政界(1)喚問中に自民党議員が居眠り

 元SMAPの3人が「クソ野郎と美しき世界」と題する新作映画で船出を飾る一方で、政界では「安倍親衛隊」の面々が金魚のフンよろしく国民感情を逆ナデし続けている。茶番劇に終わった「アベ森友国会」で高笑いを浮かべた8人の「クソ野郎」を徹底追及。怒髪天レポートを忖度なしでお届けしよう。

「その点に関しましては、刑事訴追のおそれがありますので、証言を控えさせていただきます」

 3月27日に衆参両院で行われた佐川宣寿前国税庁長官(60)の証人喚問で、佐川氏は17人の質問者に対してぬけぬけとそう繰り返し、真相解明を拒んだ。その回数は約50回に及び、中継を見ていた国民の大半は、「またそれか」と怒り心頭に発したことだろう。

 この「茶番喚問」における佐川氏の答弁をタテに、自民党サイドは事態の収束をもくろんでいる。同日には、党の重鎮である二階俊博幹事長(79)が、

「安倍総理をはじめ、政治家がどういう関わりあいを持っておったか、一つの焦点だったと思うが、幸いにしてなかったことが明白になった」

 と、あろうことか一方的に「アベ森友問題」の決着を宣言した。ウヤムヤなままコトを済まそうとする自民党の姿勢を、「日本会議の研究」(扶桑社新書)の著者・菅野完氏は断罪する。

「過去のロッキード事件やリクルート事件では、党が不利になる場合でも、自民党は証人に対してしっかりと追及してきた。白は白、黒は黒とはっきりさせなければ、信頼の回復にはつながらないからです。ですが、今回ばかりは本当にやる気がなかったとしか思えない。私は傍聴席で見ていましたが、中継に映り込まない自民党議員は寝ていましたよ。午後から行われた衆院での喚問は特にひどくて、居眠り、あくび、貧乏ゆすりのオンパレード。参院でほとんど終わったと思っていたのでしょう」

 森友疑惑の元凶であり、ひたすら逃げの姿勢で国民をあざ笑う「クソ野郎」の親玉、安倍晋三総理(63)が絡む前代未聞の大事件。真相究明の場に臨む態度ではない。“安倍シンパ”は予定調和的な勝利を確信していたということだろう。

「まず糾弾されるべきは、今回の主役であった佐川氏だろう」

 とは、政治部記者の談。公文書改ざんを「理財局だけで処理した」という一点突破で押し通した。

 先の菅野氏も、佐川氏の答弁について「みごとな詰め腹の切り方」と、皮肉を込めて「称賛」する。

「質問者に対して如実に怒りをあらわにする場面もありましたが、答弁の内容とロジックは完璧。厳しい質問を飛ばす“介錯人”を自民党が添えてあげずに、生殺しになっているところがかわいそうだとすら思います。ですが、仮に公文書変造の罪で起訴・逮捕されても“偉い人”の手引きで、その後の再就職は引く手あまたなんじゃないですか」

 真相を隠蔽する役人はブタ箱へ放り込め──。国民からはこんな意見が出てもおかしくないが、ある法曹関係者はこう推察する。

「(佐川氏は)罪に問われないとタカをくくっているのでは?」

 17年にわたり国会議員の政策秘書を務めた作家の朝倉秀雄氏も、佐川氏の逮捕について否定的だ。

「『公文書変造罪』とは、『記載されるAの事実をBの事実に変える』こと。今回の改ざんは基本的に、『Aの記載を消す』作業ですので、微妙に合致しない。ありもしない事実を書き入れたわけではないから『虚偽公文書作成罪』にも問えない。公判を維持できるだけの材料がなければ、検察も起訴には持ち込みません。政治マターのデリケートな案件で、無罪ともなれば担当者のクビが確実に飛びますから」

 とはいえ、このまま「逃げ得」が許されていいはずがない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!