芸能

月9ヒロイン「名セリフ&秘話」(2)武田鉄矢の名言を引き出した浅野温子のツンデレな一言とは?

 長澤まさみ主演のフジテレビ月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が4月9日にスタートする。

 昨今の低視聴率続きで存続が危ぶまれているフジの月9ドラマだが、かつては月曜の夜は「OLたちが一斉に帰路を急ぐ」とまで言われたものだった。

 その原動力となったのは、放映開始30年を迎えた「月9」のドラマ枠にほかならない。社会現象にもなった名作たちのヒロインを、名セリフとともに回顧する。

「あすなろ白書」(93年/石田ひかり)

「掛井くんがいない大学は白黒写真みたいに寂しくて」

 今では圧倒的に姉・ゆり子の活躍が目立つが、90年代には朝ドラヒロインも、月9の主演も石田ひかりのほうがリードしていた。柴門ふみ原作のコミックをドラマ化し、藤井フミヤの主題歌もダブルミリオンを記録するヒット作に。ここで3番手ながら、メガネをかけた取手に扮したキムタクの演技がSMAPを国民的アイドルグループにする起爆剤となったことは有名。掛井(筒井道隆)との三角愛に揺れ動く石田の繊細な演技も光った。

「101回目のプロポーズ」(91年/浅野温子)

「また人を好きになって、それでまた失うの怖いんです」

 ものまねの定番である武田鉄矢の「僕は死にましぇん、あなたが好きだから!」は、トレンディドラマに“美女と野獣”という新たな概念をもたらした。そのセリフにつながるのが、かつて恋人を失った浅野温子の「笑わせないで、あなたが私を? 彼の代わりに? 冗談じゃないわ。だったらもう1度あの人に会わせてよ」のツンデレセリフ。トラックにぶつかりそうになるシーンは撮影時に見物客から涙する声も聞こえたといい、武田は番組の成功を確信した。

「すてきな片想い」(90年/中山美穂)

「何もないより、悲しいことでもあったほうがいいよね」

 木村拓哉の10回に次ぎ、女優としては最多となる7回の月9主演記録を誇るのが中山美穂である。2度目の主演が野島伸司脚本によるコメディタッチのラブストーリーで、この後に続く「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」と合わせて“純愛三部作”と名づけられた。特に最終回に向けてのセリフの冴えが秀逸で、「何もないより悲しいことでも~」や「恋をすると傷つくけど、でも恋はすばらしい」は、同性にも高く支持された。

「ピュア」(96年/和久井映見)

「魔法のベルが鳴りました」

 軽度の知的障害を持つが、オブジェ作りに関しては天性の才能が光るヒロイン・優香。いわゆる「サヴァン症候群」を扱った作品で、和久井映見が抜群の演技力で難役をこなしている。タイトルどおり何事にもピュアな優香を巡り、2人の男(堤真一と高橋克典)の恋のさや当ても物語に鮮やかさを加えた。優香のモデルはジミー大西で、栗原美和子プロデューサーが芸人時代のジミーを見て発案したものだが、実際にジミーは芸術家に転身。

「二十歳の約束」(92年/牧瀬里穂)

「ヒューヒューだよ」

 残念ながら平均視聴率は20%に届かず、当時の月9としては低調に終わったが、小中学生の支持は高いという不思議なデータが残った。その不思議さを体現するのがヒロイン・牧瀬里穂で、主演の稲垣吾郎に向かって放つ「ヒューヒューだよ」は、流行語ほどではないものの、斬新なセリフとして話題に。実際のドラマの流れとしては「ヒューヒューだよ、ヒューヒュー。熱い熱い、ヒューヒュー、バイバイ」と、さらに意味不明(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?