芸能

月9ヒロイン「名セリフ&秘話」(2)武田鉄矢の名言を引き出した浅野温子のツンデレな一言とは?

 長澤まさみ主演のフジテレビ月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が4月9日にスタートする。

 昨今の低視聴率続きで存続が危ぶまれているフジの月9ドラマだが、かつては月曜の夜は「OLたちが一斉に帰路を急ぐ」とまで言われたものだった。

 その原動力となったのは、放映開始30年を迎えた「月9」のドラマ枠にほかならない。社会現象にもなった名作たちのヒロインを、名セリフとともに回顧する。

「あすなろ白書」(93年/石田ひかり)

「掛井くんがいない大学は白黒写真みたいに寂しくて」

 今では圧倒的に姉・ゆり子の活躍が目立つが、90年代には朝ドラヒロインも、月9の主演も石田ひかりのほうがリードしていた。柴門ふみ原作のコミックをドラマ化し、藤井フミヤの主題歌もダブルミリオンを記録するヒット作に。ここで3番手ながら、メガネをかけた取手に扮したキムタクの演技がSMAPを国民的アイドルグループにする起爆剤となったことは有名。掛井(筒井道隆)との三角愛に揺れ動く石田の繊細な演技も光った。

「101回目のプロポーズ」(91年/浅野温子)

「また人を好きになって、それでまた失うの怖いんです」

 ものまねの定番である武田鉄矢の「僕は死にましぇん、あなたが好きだから!」は、トレンディドラマに“美女と野獣”という新たな概念をもたらした。そのセリフにつながるのが、かつて恋人を失った浅野温子の「笑わせないで、あなたが私を? 彼の代わりに? 冗談じゃないわ。だったらもう1度あの人に会わせてよ」のツンデレセリフ。トラックにぶつかりそうになるシーンは撮影時に見物客から涙する声も聞こえたといい、武田は番組の成功を確信した。

「すてきな片想い」(90年/中山美穂)

「何もないより、悲しいことでもあったほうがいいよね」

 木村拓哉の10回に次ぎ、女優としては最多となる7回の月9主演記録を誇るのが中山美穂である。2度目の主演が野島伸司脚本によるコメディタッチのラブストーリーで、この後に続く「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」と合わせて“純愛三部作”と名づけられた。特に最終回に向けてのセリフの冴えが秀逸で、「何もないより悲しいことでも~」や「恋をすると傷つくけど、でも恋はすばらしい」は、同性にも高く支持された。

「ピュア」(96年/和久井映見)

「魔法のベルが鳴りました」

 軽度の知的障害を持つが、オブジェ作りに関しては天性の才能が光るヒロイン・優香。いわゆる「サヴァン症候群」を扱った作品で、和久井映見が抜群の演技力で難役をこなしている。タイトルどおり何事にもピュアな優香を巡り、2人の男(堤真一と高橋克典)の恋のさや当ても物語に鮮やかさを加えた。優香のモデルはジミー大西で、栗原美和子プロデューサーが芸人時代のジミーを見て発案したものだが、実際にジミーは芸術家に転身。

「二十歳の約束」(92年/牧瀬里穂)

「ヒューヒューだよ」

 残念ながら平均視聴率は20%に届かず、当時の月9としては低調に終わったが、小中学生の支持は高いという不思議なデータが残った。その不思議さを体現するのがヒロイン・牧瀬里穂で、主演の稲垣吾郎に向かって放つ「ヒューヒューだよ」は、流行語ほどではないものの、斬新なセリフとして話題に。実際のドラマの流れとしては「ヒューヒューだよ、ヒューヒュー。熱い熱い、ヒューヒュー、バイバイ」と、さらに意味不明(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!