芸能

岡田結実の初主演ドラマが爆死どころか視聴者から黙殺されていた!?

 タレントの岡田結実が初のドラマ主演に挑戦した「静おばあちゃんにおまかせ」(テレビ朝日系)が放送されたのは、3月23日と30日。岡田はまもなく18歳の誕生日を迎える現役女子高生ながら、濃いめの顔つきを活かして本作では法学部の学生という年上の役を熱演していた。そんな初主演作の評判について、テレビ誌のライターが、こう耳打ちする。

「本作は同名のミステリー小説を初映像化したもので、原作ファンからは『コメディになるのかと思ったらしっかりとミステリーだった』という感想も出ています。しかしそういった反応はごく一部。それならそれで『爆死』や『女優失格』といった批判が寄せられているのかと思いきや、ネット上では本作に対する反応自体がほとんど見られないというのが現実。23時過ぎという深めの放送時間も災いしてか、爆死どころかもはや視聴者から“黙殺”されている有様です」

 バラエティ番組で大活躍している岡田の初主演作にしては、あまりに薄すぎる反応には逆に驚いてしまうほど。しかし岡田は武井咲や剛力彩芽らを擁するオスカープロモーションの所属で、本作もテレ朝とオスカーの共同制作だ。それなら同事務所お得意の“押しの強さ”で、岡田をもっと盛り上げることができたのではないだろうか。

「そこがオスカーらしいというか、大手事務所ならではの余裕なんでしょうね。武井の連ドラ初主演作となった11年の『アスコーマーチ~明日香工業高校物語~』(テレ朝系)も日曜23時枠という深い時間でしたし、平均視聴率は5.9%どまり。そして剛力の初主演ドラマ『IS~男でも女でもない性~』(テレビ東京系)は平均2.4%に沈みました。それでも彼女たちは主演に起用し続けられ、女優としての実力を高めていったのです。それゆえ岡田も今回、視聴率を気にすることなく無事に女優デビューを飾れたわけで、今後は女優業に本格進出することは確実でしょうね」(前出・テレビ誌ライター)

 一部では今回のドラマについて「これぞ閉店ガラガラ!」と皮肉る向きもあるようだ。しかしオスカーとしてはむしろ岡田の女優スタートに向け、シャッターを「開店ガラガラ」とばかりに開け放ったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々