芸能

江口洋介の行為は即死モノ!「コンフィデンスマンJP」に航空関係者が激怒

 月9ドラマの「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)が4月9日にスタートし、主演の長澤まさみがキャビンアテンダント姿を披露。視聴者から「似合いすぎ!」と絶賛の声が寄せられている。その第1話では江口洋介の演じる大立者が20億円もの現金を日本から密輸出しようともくろみ、それを横取りしようと長澤らが飛行機を使った大掛かりな詐欺を働くというストーリーが展開された。そのクライマックスシーンについて、航空ライターが感心した様子で語る。

「空港のシーンでは茨城空港が撮影に協力しており、リアル感はバッチリ。作中に登場する“ライジングエアライン”は実機の映像にCGで外装を描き加えたもので、視聴者には本物の機体に見えたはずです。そして機内シーンも実機さながらのセットで再現性はバッチリ。これらのシーンは航空マニアの間でも『あの機材の正体は?』などと格好の話題になっていますね」

 その一方で、違法薬物や多額の現金を機内に持ち込む際に、長澤が係官を買収して荷物検査を見逃してもらうなど、現実にはあり得ないシーンも見られた。その中でも航空関係者が「たとえドラマでもこのシーンだけは許せない!」と激怒する場面があったという。航空ライターが続ける。

「飛行中にエンジンが停止した場面で、長澤らが現金入りのトランクケースを『重量軽減のため放出します!』と機外に投げ出したシーンはいただけないですね。というのも、旅客機では飛行中にドアを開けることは自死行為であり、絶対にありえませんからね。そもそもドアには気圧差でトンレベルの圧力が掛かっているので人力では開けられませんし、無理やりこじ開けたら長澤は機外に吸い出されていたはず。海外では飛行中にドアを開けようとした乗客が客室乗務員に取り押さえられる事件が何件も発生しています。それが今回のようなドラマが放送されると、『飛行中の旅客機から荷物を落とせるんだ!』と間違った情報を視聴者に植え付けかねません。たとえフィクションであっても航空の安全にとって脅威となる描写は、厳に慎んでもらいたいものです」

 なお江口がパラシュート降下するシーンも、現実にはほぼ確実に命を落とす危険な行為だという。コメディドラマゆえに現実にそぐわない場面は許容されがちだが、命に係わる描写については細心の注意が求められるようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
3
吉岡里帆が銀魂2に出演か?演じるのは「豊かな胸のドMメガネっ娘」!
4
高木美保がハラスメント被害を告白!名前が浮上した大物タレントとは
5
「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?