芸能

綾瀬はるか 「深夜のオトコ探し」を大追跡(2)香川照之が天然キャラを看破

 17歳年上の大沢との破局を経て、日刊スポーツが15年の元日スクープで報じた新恋人が、4歳年下の松坂桃李(29)だ。一時は「結婚寸前」とも言われた2人だが、翌年春には「破局」が各メディアで報じられる。

 松坂を知る舞台関係者によれば、

「原因は入籍を急ぐ綾瀬とまだまだ仕事に集中したい松坂との結婚観の違いだと言われましたが、それだけではありません。綾瀬がマスコミを警戒するあまり、デートはもっぱら彼女の自宅。家に行く時も『(マスコミの)ヘンな車が止まっていたら入って来ないで』と念を押されていたようです」

 いやが上にも人目につく美男美女のカップルとはいえ、松坂にしてみれば、あまりの用心深さに辟易することもあったという。

「別にいけない関係というわけでもないし、恋人が発覚したところで仕事に大きな影響が出るわけでもない。それでも綾瀬は、これまで一度も恋人とのツーショット写真を撮られたことがないのを誇りにしていたようで、『外でデート? トンでもない!』なんてたしなめることもあったそうです」(舞台関係者)

 綾瀬にとって「要塞」とも言うべき自宅マンションは、都心からやや離れた閑静な住宅街にある。建物は2本の公道に面し、エントランスが2つあるため、いざ張り込むとなれば、綾瀬がどちらから出入りするかわからない。まさにパパラッチ泣かせの物件だった。

 かつては、周囲で自転車をこいで出かける姿が頻繁に目撃されていたそうだが、

「綾瀬さん? そういえば最近は、ほとんど見かけませんね」(近隣住民)

 最近はもっぱら料理にハマッているという綾瀬。女性誌のインタビューでも、

「2018年は料理の幅を広げていきたい」(「with」3月号より)

 と語っていたが、最寄り駅周辺のスーパーで聞き込みを行っても、有力な目撃情報は何一つ得られなかった。

 老若男女に愛される国民的女優も、地元では完全に気配すら消しているようだ。

 綾瀬といえば、その天然キャラも大きな魅力の一つ。去る4月2日に行われたCM関連のイベントでも、共演者のダンディ坂野(51)を「ゲッツさん」と言い間違えて会場を笑いに包んでいた。

 不用意なボケ発言で愛される綾瀬と、日夜マスコミとのガチンコ追走劇を繰り広げる綾瀬。いったいどちらが“素”に近いのだろうか。

「隙があるように見せるのが上手ということでしょうね。撮影現場ではいつもポカーンとしていて『俺でも口説けるんじゃないか』と多くの共演者が錯覚してしまうんだとか。リップサービスかもしれませんが、映画で共演した香川照之(52)も、過去にラジオで『天然なわけないだろ! それが作戦なんだから‥‥気をつけないと!』などと暴露して、リスナーを驚かせていました」(芸能プロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道