スポーツ

大谷、メジャーで初の4番出場も“敵”はエンゼルスの中にいる!?

 エンゼルスの大谷翔平が初の4番で出場し、4打数1安打と結果を残した(4月22日)=日本時間23日=。投打ともに活躍。二刀流への評価は高まるばかりで、米国ファンの関心は「この快進撃がどこまで続くのか?」に移っている。仮に阻む者が現れるとしたら、それはチーム内にいるのではないか。

「レッドソックス戦(17日)での降板理由が気になります。右手中指にできたマメが原因でしたが、大谷はもともとマメのできやすい体質なんです」(ベテラン記者)

 降板後、メディカルトレーナーが右手中指を確認していた。大げさにも医療スタッフが駆けつけたのは「マメ体質」を知っていたからだが、その後、ソーシア監督は「そのうち(次回登板日を)決めるよ」と、淡々と答えていた。実は、このソーシア監督が、要注意なのだ。

「ソーシア監督の任期は今季終了まで。メジャーリーグを代表する名将の一人であり、本人も続けたいと思っているはず。ただ、ソーシア監督は選手を見限るのも早いが、勝負どころだと判断したら、ピッチャーの連投なんてお構いなしだから…」(特派記者)

 ソーシア監督は、ものすごい権力者でもある。チームが低迷した一昨年のオフ、同監督は自身の退団ではなく、ゼネラルマネージャーを解任させてしまった。オーナーと裏で結託したのだが、「監督がGMを解任する」なんて前代未聞。以来、ソーシア監督は“絶対的な権力者”とも認識されるようになり、誰も口出しできなくなってしまったのだ。日本ハム時代を知るNPB関係者は、大谷がマメを潰した16年シーズンを指し、こう言う。

「栗山監督は『打者9・投手1』の変則二刀流で16年シーズンを乗り切りました。大谷は一度マメを潰すと、しばらくは同じ症状を繰り返すんです。将来のために投手起用をセーブさせました」

“絶対的君主”ソーシア監督が自身の延命のため、大谷を酷使しなければいいのだが…。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!