芸能

一度狙われたら回避は困難か?芸能人ストーカー被害の危険が増大する理由

 4月初めに元タクシー運転手からのストーカー被害が公となり、お茶の間を驚かせた菊池桃子。客として乗車した際の菊池の住所を記憶するという手口は、タクシーを常用する他の女性タレントにとっては決して他人事では済まされない事件だ。

 ファンやストーカーによる暴走が現実となってしまった例として、過去には女優の山口智子が自宅マンションで配達員を装い侵入した2人の暴漢に襲われ、間一髪のところで当時交際中(現在は夫婦)だった唐沢寿明に撃退してもらうという衝撃の事件も発生した。

 また、記憶に新しいところでは、2016年、歌手として活動中の女性が、東京・小金井市のイベント会場付近でファンの男から襲われ、20カ所以上刺されるという忌まわしい事件もあった。犯人は当初、ファンとしてたびたびSNSやライブ会場で彼女と交流を図るうちにいつしか彼女への一方的な憎悪を募らせ凶行に至ったのだ。

 菊池のケースでは最悪の事態へと発展することはなかったが、最近ではSNSの流行に伴い、タレントが自発的にみずからのプライベート写真や映像、さらには住所などの特定に直結するようなギリギリの情報をあらゆるプラットフォームに発信。以前と比べて確実にファンとタレントの距離は近接しており、いつ新たな事件が勃発してもおかしくない状況だ。

「山口智子の襲撃事件では逃亡した2人の犯人の残したバッグからロープや手錠、ビデオカメラといったものが発見され、彼らが何を企んでいたかは明白です。仮に唐沢寿明が自宅にいなければ、彼女はとんでもない目に遭っていたことは想像に難くない。16年5月には福山雅治の住むタワーマンションの部屋に、ファンだったというコンシェルジュが侵入した騒動もありました。タワマンでダメならもはやどこへ住めばいいのか。華の芸能界における“生々しい”現実的な問題です」(テレビ誌ライター)

 その手口はまさに多種多様となり、ファンサービスのつもりが逆に利用されるケースも少なくない。今や有名人は「命がけの職業」とさえ言えるのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…