芸能

一度狙われたら回避は困難か?芸能人ストーカー被害の危険が増大する理由

 4月初めに元タクシー運転手からのストーカー被害が公となり、お茶の間を驚かせた菊池桃子。客として乗車した際の菊池の住所を記憶するという手口は、タクシーを常用する他の女性タレントにとっては決して他人事では済まされない事件だ。

 ファンやストーカーによる暴走が現実となってしまった例として、過去には女優の山口智子が自宅マンションで配達員を装い侵入した2人の暴漢に襲われ、間一髪のところで当時交際中(現在は夫婦)だった唐沢寿明に撃退してもらうという衝撃の事件も発生した。

 また、記憶に新しいところでは、2016年、歌手として活動中の女性が、東京・小金井市のイベント会場付近でファンの男から襲われ、20カ所以上刺されるという忌まわしい事件もあった。犯人は当初、ファンとしてたびたびSNSやライブ会場で彼女と交流を図るうちにいつしか彼女への一方的な憎悪を募らせ凶行に至ったのだ。

 菊池のケースでは最悪の事態へと発展することはなかったが、最近ではSNSの流行に伴い、タレントが自発的にみずからのプライベート写真や映像、さらには住所などの特定に直結するようなギリギリの情報をあらゆるプラットフォームに発信。以前と比べて確実にファンとタレントの距離は近接しており、いつ新たな事件が勃発してもおかしくない状況だ。

「山口智子の襲撃事件では逃亡した2人の犯人の残したバッグからロープや手錠、ビデオカメラといったものが発見され、彼らが何を企んでいたかは明白です。仮に唐沢寿明が自宅にいなければ、彼女はとんでもない目に遭っていたことは想像に難くない。16年5月には福山雅治の住むタワーマンションの部屋に、ファンだったというコンシェルジュが侵入した騒動もありました。タワマンでダメならもはやどこへ住めばいいのか。華の芸能界における“生々しい”現実的な問題です」(テレビ誌ライター)

 その手口はまさに多種多様となり、ファンサービスのつもりが逆に利用されるケースも少なくない。今や有名人は「命がけの職業」とさえ言えるのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日