芸能

「トレーダー芸能人」たちのスゴ腕「投資テク」(2)松居一代の武器は「直感力」

 AKB48の指原莉乃までが「坂上&指原の──」で「最近、株を勉強しています」と語っていたように、芸能界でも投資ブームは過熱の一途。とりわけ年季の入った投資芸能人として存在感を放っているのが、昨年、船越英一郎との泥沼離婚騒動で世間を騒がせた松居一代(60)だ。大手投資信託関係者によれば、

「ボビーが理論派として成功しているのとは対照的に、自己暗示によって稼いでいると言えますね。彼女は14年の著書『松居流 マネーの掟』で、中古マンション投資、日本株投資のデイトレード、ブラジル・レアルへの投資などで収益を上げ、バブル崩壊も直感力で乗り切ったとつづっている。でも、その投資法については『世の中の出来事にアンテナを張る』ぐらいしか語っていないんです」

 同書で松居が儲けの秘訣として明かすのは、オカルト的な話ばかりだという。

「稼ぐために必要だと強調するのは『お金に感謝の言葉を伝える』『2年から3年に一度、財布の交換をする』『財布を専用布団で休ませる』といったゲン担ぎばかり。拍子抜けしてしまいました」(投資信託関係者)

 確かに、これでどうして儲かるのかといぶかしく思わざるをえないが、

「本の内容はともかく、彼女には昔から優秀な投資ブレーンが付いているというのは有名な話。実はそこにポイントがある。投資の世界では、儲ける機会の損失を避けるための継続が非常に大事なんです。松居さんの場合は、取り引きの大事な判断の局面ではブレーンに委ねつつも、金運アップの自己催眠をかけることで投資のモチベーションを抱き続け、長年あらゆる銘柄をチェックして取りこぼしを避けている。これで実際に大きな成果を出しているわけですから、彼女の投資術も一つの正解だと言えるでしょう」(大手投資信託関係者)

 著書刊行後、「トランプ相場」で数十億円の利益を手にし、現在は「資産50億円」とも言われる松居。今年暴落した仮想通貨市場には「手を出していなかった」とブログで明かしており、バブル崩壊時と同様に、直感力も健在のようだ。みずからの「投資の師匠」を作ったうえで、長年継続して取り組む「松居式」は、なかなか勉強する時間を確保できないサラリーマン諸氏にとっても、参考にすべきことが多いのではないか。

「お笑い界の投資王」と呼ばれるキャイ~ンの天野ひろゆき(48)は、芸人としてブレイクした20代中頃にマンション投資を始めたのを皮切りに、日本株を中心に取り引き。これまでたびたび、「10億円の資産を保有している」などと報じられ、近年は投資関連本まで刊行している。

「株の買い方はいたってシンプル。一から十まで天野さんのマネをしている芸人も相当いるんですよ」

 天野本人から直にレクチャーを受け、日本株投資を実践している中堅芸人はこう明かしたうえで、「天野式」投資哲学について、次のように解説するのだ。

「単純に、自分が使っている商品を出している会社や、もともと好きな会社の株を買うということですね。そのメリットとして、応援している会社の株だと、下落した時に『クソッ、損した!』と悔しがらずに済みますよね。また、自分が好きな商品を出しているということは、何かしらの強みがある、とも考えられる。一ユーザーの肌感覚として、会社の業績のよしあしについても何となく推察できるんです」

 チャートを見て、値上がりしそうな銘柄を買うのではなく、あくまでも気に入った企業の銘柄だけにしぼって投資するため、「天野式」では長期保有が基本となる。みずからの肌感覚を信じての、等身大の投資。専門家ではない芸人たちがこぞって模倣するのも理解できよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!