芸能

「トレーダー芸能人」たちのスゴ腕「投資テク」(2)松居一代の武器は「直感力」

 AKB48の指原莉乃までが「坂上&指原の──」で「最近、株を勉強しています」と語っていたように、芸能界でも投資ブームは過熱の一途。とりわけ年季の入った投資芸能人として存在感を放っているのが、昨年、船越英一郎との泥沼離婚騒動で世間を騒がせた松居一代(60)だ。大手投資信託関係者によれば、

「ボビーが理論派として成功しているのとは対照的に、自己暗示によって稼いでいると言えますね。彼女は14年の著書『松居流 マネーの掟』で、中古マンション投資、日本株投資のデイトレード、ブラジル・レアルへの投資などで収益を上げ、バブル崩壊も直感力で乗り切ったとつづっている。でも、その投資法については『世の中の出来事にアンテナを張る』ぐらいしか語っていないんです」

 同書で松居が儲けの秘訣として明かすのは、オカルト的な話ばかりだという。

「稼ぐために必要だと強調するのは『お金に感謝の言葉を伝える』『2年から3年に一度、財布の交換をする』『財布を専用布団で休ませる』といったゲン担ぎばかり。拍子抜けしてしまいました」(投資信託関係者)

 確かに、これでどうして儲かるのかといぶかしく思わざるをえないが、

「本の内容はともかく、彼女には昔から優秀な投資ブレーンが付いているというのは有名な話。実はそこにポイントがある。投資の世界では、儲ける機会の損失を避けるための継続が非常に大事なんです。松居さんの場合は、取り引きの大事な判断の局面ではブレーンに委ねつつも、金運アップの自己催眠をかけることで投資のモチベーションを抱き続け、長年あらゆる銘柄をチェックして取りこぼしを避けている。これで実際に大きな成果を出しているわけですから、彼女の投資術も一つの正解だと言えるでしょう」(大手投資信託関係者)

 著書刊行後、「トランプ相場」で数十億円の利益を手にし、現在は「資産50億円」とも言われる松居。今年暴落した仮想通貨市場には「手を出していなかった」とブログで明かしており、バブル崩壊時と同様に、直感力も健在のようだ。みずからの「投資の師匠」を作ったうえで、長年継続して取り組む「松居式」は、なかなか勉強する時間を確保できないサラリーマン諸氏にとっても、参考にすべきことが多いのではないか。

「お笑い界の投資王」と呼ばれるキャイ~ンの天野ひろゆき(48)は、芸人としてブレイクした20代中頃にマンション投資を始めたのを皮切りに、日本株を中心に取り引き。これまでたびたび、「10億円の資産を保有している」などと報じられ、近年は投資関連本まで刊行している。

「株の買い方はいたってシンプル。一から十まで天野さんのマネをしている芸人も相当いるんですよ」

 天野本人から直にレクチャーを受け、日本株投資を実践している中堅芸人はこう明かしたうえで、「天野式」投資哲学について、次のように解説するのだ。

「単純に、自分が使っている商品を出している会社や、もともと好きな会社の株を買うということですね。そのメリットとして、応援している会社の株だと、下落した時に『クソッ、損した!』と悔しがらずに済みますよね。また、自分が好きな商品を出しているということは、何かしらの強みがある、とも考えられる。一ユーザーの肌感覚として、会社の業績のよしあしについても何となく推察できるんです」

 チャートを見て、値上がりしそうな銘柄を買うのではなく、あくまでも気に入った企業の銘柄だけにしぼって投資するため、「天野式」では長期保有が基本となる。みずからの肌感覚を信じての、等身大の投資。専門家ではない芸人たちがこぞって模倣するのも理解できよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題