芸能

カンニング竹山、我が身を振り返っての“突発自慢”に違和感がある!

 カンニング竹山が唐突に“ババ殺し自慢”を開始──彼のトンデモ発言があったのは、ラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ系)4月23日放送回。パーソナリティーの赤江珠緒相手に自慢話をおっ始めたのだ。

「竹山は自分が所属する芸能事務所の『サンミュージック』の先代会長のおかげで、今も芸能界の大先輩に可愛がってもらっていると打ち明けたんです。赤江もつねづね『何なんだろう?』と不思議に感じていたそうですが、竹山は、“後輩時代”が長かったため、『後輩だから、それオレがやります』と言い続けてきたことや、『この人に可愛がられて手柄を取ろう』という欲がないためだと自己分析。すると赤江はいったん納得したものの、『ものすごく大御所というか、上の方から可愛がられますよね』と気に入られ方がかなり違っており、『ちょっと近寄りがたい』人たちの寵愛を受けていることを指摘した。これに対して竹山は『アッコ、ピン子、数子』に可愛がられていると、和田アキ子・泉ピン子・細木数子をわざわざ呼び捨てにし、先輩たちが口をそろえて『芸能界の七不思議』とあげつらう謎だとぶっちゃけてました。和田については、所属事務所が違うにもかかわらず昔から可愛がってもらっており、現場で気さくに声をかけてもらう泉にはご指名でバラエティー番組の仕事をもらっているという。細木とは、会員制インターネット番組でMCを受け持たせてもらうほど親密だとひけらかしていましたよ」(ネットライター)

 赤江が、「大御所の母性本能をくすぐる何かが(ある)?」とツッコむと「まぁ、多分ブサイクだから安心なんじゃない?」と竹山はいなしたものだ。

「芸能界の大御所である60代、70代、80代女性からの寵愛を受けてここまで成り上がったとでも言いたかったんですかね。ここに来て今さらの“ババ殺し自慢”に、いったい何の意味があったのか…」(芸能ライター)

 自分は、虎の威を借る狐で、実力はないんだよ、というある種の謙遜!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由