芸能

「41歳を告白」滝藤賢一より“視聴者仰天”まさかのアラフィフ芸能人とは?

 5月7日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に俳優の滝藤賢一が出演。その年齢に共演者が一同が驚く場面があった。番組の冒頭では番組スタッフから「年齢を言うとビックリされる俳優さんです」とのカンペが示され、満を持して滝藤が登場。ここで滝藤が「41です」と年齢を口にすると、共演のネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルらが「えっ!?」と絶句だ。

 ここでくりぃむしちゅーの有田哲平は「僕らより年下ですか?」と驚いた顔。さらにチュートリアルの徳井義実が「ウチより下です」、福田充徳が「僕ら42ですもん」と口にすると、客席からはひときわ大きな「えーーー!?」っとの声があがっていた。そんな観客の反応について芸能ライターが指摘する。

「確かに若者世代から見れば滝藤がもっと年上に見えても不思議はありません。しかし観客の驚きはむしろ、『しゃべくり007』のレギュラー出演者が全員、42歳以上のオジサンぞろいだったことにあったはずです。しかも40代前半はチュートリアルの2人だけで、あとの5人は全員が50歳間際なのですから、もはや番組名も『アラフィフ007』でいいんじゃないでしょうか」

 5人の中で最も年上のネプチューン・名倉潤は、11月の誕生日で50歳を迎える真のアラフィフ。そして原田泰造と堀内健は一学年下の48歳だ。またくりぃむしちゅーの上田晋也は放送当日が誕生日で48歳を迎え、同学年ながら早生まれの有田哲平は現在47歳となっている。ではなぜ「しゃべくり007」にはそんなアラフィフ勢が集まっているのだろうか?

「彼らはいわゆる『お笑い第4世代』にあたります。大まかに言うと90年代に活動を始め、『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)をはじめとするお笑いバラエティ番組から育った世代です。これ以降のオードリーやオリエンタルラジオらは『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)など賞レースでの活躍をきっかけに人気を得るようになった世代という違いがあります。その一方で『しゃべくり007』のような番組では大物俳優がゲスト出演することも多く、司会者の年齢が若かったり芸歴が短いと何かと具合が悪い。そのため芸歴が20年を超え、年齢も40代の第4世代が重宝されるというわけです」(お笑い系のライター)

 この世代には毒舌キャラの有吉弘行や土田晃之、情報番組でMCを務めるビビる大木やバナナマン設楽統、そして若手イジりに長けたバカリズムやフットボールアワー後藤輝基といった人材が綺羅星のように並んでいる。ただ脂の乗り切った活躍を見せていることから30代後半に思われることも多いようだ。これからは芸人の年齢をチェックしながら番組を鑑賞してもおもしろそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?