社会

熟年「介護放棄離婚」痛ましすぎる報告書(2)障害1級の介護に疲れ果てた

 その状況に、息子の茂さんもさすがにムッとして、

「母さんは父さんと別れたがっているよ。今回ばかりは決心が固いので、僕が母さんを翻意させるのは難しい。父さんは今まで月に年金を7万円、渡していたよね。離婚すれば4万だけ渡してくれればいいから、これからは3万円が浮くんだよ。けっこう、いい話なんじゃないかな」

 思考回路が非常に単純明快な功さんは、複数の選択肢を用意されたら金銭的に得なほうを選ぶ。それで離婚に成功したというのだ。

 さらに美津子さんは、功さんの退職金800万円、住宅ローンを組んだ際につけた生命保険特約により、脳血管障害に対して下りた1200万円の保険金も持っていった。

 だが解せないのは「お墓」の問題。美津子さんは夫に内緒でお墓を購入していたが、それを知った功さんは、

「おぉ、それなら俺も入れてくれよ」

 いけしゃあしゃあと言い放ったのだ。

 実は、離婚した元夫婦同士が同じ墓に入るケースは決して珍しくはない。しかも、あれだけ嫌がっていた美津子さんも、それを了承したのだ。

「夫と妻が同じ墓に入ることは、死後の世界でも引き続き一緒に過ごすことを意味するはずです。せっかく功さんから解放されても、美津子さんが亡くなったとたん、離婚前に戻ってしまうのでは、何のために離婚するのかわかりません。しかし今現在、生きている私たちにとって、死後の世界のことは死んでみなければわからない。それなら死後より生前の世界を充実させたいと思ったのかもしれませんね」(露木氏)

 さらにこんなケースも。

「アイツがハンコを押したんだから!」

 夫をアイツ呼ばわりしていきまくのは、柴田裕子さん(61)=仮名=。裕子さんは今年4月15日に役所へ離婚届を提出し、40年近く連れ添った夫と別れた。

 裕子さん夫婦には複雑な事情があった。2年前、夫が倒れたが、脳の器質性障害で左片麻痺の症状が残った。障害1級の認定を受け、労災年金と障害年金を受給しながら苦しい生活を強いられてきた。

 裕子さんは2年間、夫の身の回りの世話、家事全般、そして介護を担ってきた。結果、体力的にも精神的にも、そして金銭的にも、ガマンの限界に達してしまった。そこで障害が残る夫に、少々強引ではあったが、離婚届の住所、氏名の欄に記入させた。夫が「離婚の意味」をきちんと理解しているかどうか、定かではない。

 裕子さんは近くに住んでいる夫の弟夫婦に「あとは任せたから」と一方的にメールを送り、まるで逃げるように家を出てきた。

「いまさらアイツに何を言われてもかまいません」

 だが決して感情的に突っ走ったわけではなく、悩みに悩み、迷いに迷った末の結論だったのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ