芸能

もう“ゴリ押し”必要なし!?剛力彩芽「ミタゾノ」演技が「可愛い」と大評判

 4月20日から始まったドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。同ドラマは、TOKIOの松岡昌宏が女装した家政夫・三田園薫を演じるヒューマンドラマで、今回は第2シーズンの放映となる。

 第1シーズンでは重要な役どころとなる派遣家政婦を「幸福の科学」に出家した清水富美加が演じたが、今回は新人家政婦・五味麻琴を剛力彩芽が演じている。熱狂的なファンの多いドラマだけに、放送前は「清水富美加がよかったなぁ」「富美加ちゃんホント好きだった」「剛力彩芽じゃ不安しかない」と言った声もチラホラ。

 しかし、いざ放送されてみると「剛力彩芽ちゃん、役柄にピッタリ!」「すごくかわいくなったよね」「演技も自然だしうまい」とSNSなどには絶賛コメントが相次いだ。

「前髪を下ろしたボブヘアも本当に似合っていて、すごく可愛らしいなと思いました。気負いのない演技も自然で、前に出すぎることもなく、それでいてチャーミングな彼女の魅力が全開でしたね。日本では目が大きくて細い女性が美人だと言われますが、剛力さんは美しいうえに個性もある。しかし、一時期は、あまりに出演が多かったために“ゴリ押し”とさんざん叩かれてしまいました。それでもめげずにキャリアを積んだことは本当に立派でした。潰れなくてよかったなと心から思うし、今後はさらに自分の色を出していってほしい。これからが真の勝負だと思います」(エンタメ誌ライター)

 現場では決して偉ぶることはなく、勉強熱心でプロ意識も高い。私生活では、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との熱愛も発覚するなど、旬の話題も提供している剛力はこのドラマを機に、今後はさらに飛躍しそうだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点