芸能

もう“ゴリ押し”必要なし!?剛力彩芽「ミタゾノ」演技が「可愛い」と大評判

 4月20日から始まったドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。同ドラマは、TOKIOの松岡昌宏が女装した家政夫・三田園薫を演じるヒューマンドラマで、今回は第2シーズンの放映となる。

 第1シーズンでは重要な役どころとなる派遣家政婦を「幸福の科学」に出家した清水富美加が演じたが、今回は新人家政婦・五味麻琴を剛力彩芽が演じている。熱狂的なファンの多いドラマだけに、放送前は「清水富美加がよかったなぁ」「富美加ちゃんホント好きだった」「剛力彩芽じゃ不安しかない」と言った声もチラホラ。

 しかし、いざ放送されてみると「剛力彩芽ちゃん、役柄にピッタリ!」「すごくかわいくなったよね」「演技も自然だしうまい」とSNSなどには絶賛コメントが相次いだ。

「前髪を下ろしたボブヘアも本当に似合っていて、すごく可愛らしいなと思いました。気負いのない演技も自然で、前に出すぎることもなく、それでいてチャーミングな彼女の魅力が全開でしたね。日本では目が大きくて細い女性が美人だと言われますが、剛力さんは美しいうえに個性もある。しかし、一時期は、あまりに出演が多かったために“ゴリ押し”とさんざん叩かれてしまいました。それでもめげずにキャリアを積んだことは本当に立派でした。潰れなくてよかったなと心から思うし、今後はさらに自分の色を出していってほしい。これからが真の勝負だと思います」(エンタメ誌ライター)

 現場では決して偉ぶることはなく、勉強熱心でプロ意識も高い。私生活では、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との熱愛も発覚するなど、旬の話題も提供している剛力はこのドラマを機に、今後はさらに飛躍しそうだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから