スポーツ

ディープインパクト産駒「最強時代」の終焉(1)早枯れ傾向が年々強まって…

 稀代の天才騎手とのコンビで社会的なブームをもたらし、圧倒的な戦績とそのスター性と話題を携えて大種牡馬となったディープインパクト。だがここにきて、そのカリスマ性に大きな疑問が生じてきた。ついに「時代」の終焉を指摘する声が上がっているのだ。

 日本競馬界の至宝ディープインパクトの仔が、春のGIで苦戦中だ。5月5日のNHKマイルカップでようやく勝ち馬を出すまでの間、今年のGIで馬券に絡んだのは、大阪杯のアルアイン3着の1回だけ。過去には3年連続で桜花賞を勝ち、皐月賞もここ3年で2勝していたが、種牡馬デビュー以来初めて、牡牝のクラシック初戦で産駒が一頭も馬券に絡めなかった。

 週刊アサヒ芸能は昨夏、「ディープインパクト産駒『最強神話』に陰りあり」と題する記事を掲載して大反響を呼んだが、その傾向がますます強まっているようだ。

 その象徴的なレースが、4月28日の青葉賞。ダービーの出走権をかけて7頭のディープ産駒(そのうち3頭は1億円以上の高額馬)が出走したが、一頭も権利を取れずじまい。スーパーフェザーの3着が最高成績で、他は掲示板にも載っていない。1週間後の京都新聞杯、プリンシパルSにもダービー出走権をかけて6頭が出走したが、ここでも結果は同様。この惨状を目の当たりにした競馬ファンからは「数打っても当たらないとは、深刻な事態。これで種付け料4000万円なんて、アキレる」という辛辣な声も出るほどだ。

 ディープインパクトを繋養している社台スタリオンが種付け料を1000万円アップして4000万円にしたのは、現3歳馬が新馬を勝ちまくったことによる。昨年の2歳戦で勝利数57というJRA記録を打ち立てたのだ。スポーツ紙競馬担当記者によれば、

「JRAが12年に『ダービーからダービーへ』との声明文を出し、ダービーがサラブレッドのゴールだとの印象が強まった。そこで社台もディープ産駒を早めに仕上げ、新馬戦に臨むようになりました。社台の育成力をもってすれば、そんなことは楽々可能。もとより、ディープにはトップクラスの牝馬をつけているわけだから、そりゃ勝ちます。新馬戦はディープ産駒向けの、スローの上がり勝負になりますし。ただ、問題は勝ち上がった馬のその後。残念ながらかつてのように他を圧倒することができず、桜花賞、皐月賞と続けて新種牡馬の仔に決定的な差をつけられてしまった。種牡馬としてのポテンシャルが低下してきたように思えてきます」

 産駒はピークを迎えるのも早く、早枯れ傾向が年々強まっている。それはディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンドを見れば明らかだろう。

 この3頭によるダービー後、「史上最強世代」ともてはやした関係者やファンは今、どんな気持ちなのか‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史