芸能

さんまが危険タックル問題に言及も「20年経っても変わらない」とファン激怒

 明石家さんまもアメフトの危険タックル問題に参戦だ。5月26日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で、さんまは「アメリカではああいうレイトタックルをした場合はQBを守るために、あの場でケンカになってないとおかしいんですよ。守らなきゃいけないから。それがチームメイト」との見解を説明。そのうえで「あの現場でケンカになってなきゃ。あの時にケンカになってないのがオレは不思議で」と指摘したのである。

 そのさんまは米プロフットボールNFLのファンを公言しており、その知識と経験を踏まえての発言かと思いきや、当のアメフトファンからはこの発言に大ブーイングが巻き起こっているというのだ。アメフトに詳しいスポーツライターが憤慨した様子で語る。

「正直、『何大ウソ言ってるんだ!』という気持ちです。さんまの話を聞いたリスナーはおそらく、野球における乱闘シーンのような場面を思い描いたはず。しかしアメフトでは反則の当事者同士による小競り合いはあるものの、チームメイトが集まってのケンカなんてほとんどあり得ません。生活の懸かっているプロのNFLでも年に何回かあるかないかという程度で、大学フットボールではなおさら起こりえないのです。アメフトは肉体がぶつかり合うコンタクトスポーツなので、暴力行為に関しては厳しい姿勢で臨んでいます。もし試合中にケンカや乱闘になったら退場処分になるのは確実で、後から所属チームや連盟による処分さえありえます。ともかくアメフトについて適当なウソはついてもらいたくないですね」

 そのさんまに対しては20年以上前にも、アメフトファンからのブーイングが浴びせられていたことがあるという。

「さんまは90年代に何度か、日本テレビのNFL中継にゲスト出演していました。しかし選手やルールについては不勉強でしたし、自分のひいきチームが敗色濃厚になると『もう見るのやめた!』と言い放ち、ファンを激怒させていたものです、さらにはサッカーでも『だいたいオレ、Jリーグ見ぃへんからね』と言ってファンを激怒させたり、2011年12月にはクラブワールドカップで優勝たバルセロナのリオネル・メッシ選手に『老後はどうしはるんですか?』と質問して本人を怒らせた“前科”も。お笑い界では重鎮かもしれませんが、スポーツに関しては的外れな発言を控えてほしいと願っているファンは少なくありません」(前出・スポーツライター)

 もっともさんまの発言を真に受けているリスナーは少なかったのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!