スポーツ

ミスチルを汚すな! 日大アメフト部・井上前コーチが別の問題でも批判やまず

 渦中の問題とは無関係の問題で炎上が続いている。

 日本大学のアメフト部の選手が、関学大QBに悪質なタックルをして負傷させた問題。選手の記者会見でクローズアップされたのが、5月29日に関東学生アメリカンフットボール連盟の臨時総会で、内田正人前監督とともに最も重い除名処分とすることを決められた井上奨前コーチだ。「監督にどうしたらお前を試合に出せるか聞いたら、『相手のQBを1プレイ目で潰せば出してやる』と言われた」「『QBを潰しに行くんで、ボクを使ってください』と、監督に言いに行け」と言われたと、選手が明かせば、翌日に内田前監督と会見に臨んだ井上前コーチは「私からの指示ではない」と否定。ところがその後、「誤解を受ける指示をした」ことを認め、関東学生連盟側の難航する調査の打開の糸口となったとも報じられた。

 そして、この井上前コーチは違う問題で、ネット上を騒がせているのだ。

「井上前コーチは『筋肉children イノセントな筋肉青年達が大人のワールドへ』と題された同性好き男性向けの艶ビデオに出演していた疑惑が浮上しているんです。5年前、写真誌『フライデー』が日大アメフト部のOBが現役時代に同作に出演していることを報じていたんですが、今回の不祥事後、井上前コーチがワイドショーで紹介されたことで、『筋肉children』を視聴したという同性好き男性から井上前コーチが出演していたのではないかといった声がネット上で上がり、井上前コーチ叩きが異様なまでに盛り上がりを見せているんです」(エンタメ誌ライター)

 作品のタイトルがタイトルとあって、ネット上の書き込みを見ると、「ミスチルを汚すな」「ミスチルもとんだ風評被害に遭ったな」「ミスチルにも謝罪しろ」など、人気バンドのMr.Childrenを気の毒に思う声も上がっている。

「作品の副題もミスチルの人気楽曲のタイトルの2つのワードとワードの間に文章を挿入したものですし、作品のパッケージを見ても、『children』の上にフリガナで小さく、『ミスチル』と表記されていますから、同バンドを意識した作品名であることは明らか。作品のタイトルを考えたのは井上前コーチというわけでは当然ありませんが、今回これだけヒール扱いされ、世間の怒りを買っている井上前コーチの出演作品ということもあって、ネット上で作品名をネタ扱いして井上前コーチを小馬鹿にしている人も多いですから、それに利用されているミスチルとしてはいい迷惑ですよね」(前出・エンタメ誌ライター)

 今回、悪質タックルをさせられた後に号泣する選手に、「お前はやさしすぎるんだ」と言い放ったとされる井上前コーチ。

「艶ビデオ騒動当時、井上前コーチは聞き取りを行った内田前監督に出演を認めていたそうですが、内田氏が出演者は他人だと結論付けた。以来、井上氏は恩人の内田氏に逆らえなくなったとも報じられていますね」(スポーツ紙記者)

 いずれにしても、「やさしすぎる」処分は井上前コーチには必要ないことは確かなようだ。

(田中康)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム