スポーツ

上原がエジキに?高橋監督の「非情采配」でGベンチはピリピリ!

 巨人のカリスマ・上原浩治の登板間隔が空き過ぎている。DeNA戦で救援に失敗して以降(4月10日)、連投はなくなり、5月に入って投げたのは4試合。(30日時点)。高橋由伸監督は意図的に“温存”させているようだ。

「僅差でのゲームで使わなくなりました。キャンプをやっていないので肩が完全にできていません。登板間隔が空いた最初の頃は調整の一環だと思ったんですが」(スポーツ紙記者)

 上原の登板間隔が空いたのは、球速の衰えがまずあったという。復帰当初は本人も自虐的に話していたが、近年、対戦チームのデータ解析が急速に進歩し、ストレートの球威が衰えていることが、他投手との比較によって数値化されてしまう。ベテランとしての経験値だけでは相手打線を抑えられない時代になったというわけだ。

「でも、高橋監督の、僅差で上原を使わない選手起用を見て、巨人選手に緊張感が走りました。実績、経験値ではなく、調子のいい選手を使っていくんだ、と」(前出・スポーツ紙記者)

 巨人はベテラン選手も多いせいか、スロースターターの傾向が強い。昨季は長野久義が不振に陥ったが、高橋監督はガマンして使っていた。「このままで終わる選手ではない」と思ったからだが、チームの緊張感を失わせた。上原の登板間隔を空けさせたのは、その反省もあったのだろう。

「上原自身が球威を高める以外、信頼は回復しないでしょう」(関係者)

 上原は登板予定のない日もブルペンで投げ込みを続けている。その姿を見て気持ちを引き締めた投手もいるが、「キャリアを考えると,二軍に落とすことができない」の声も聞かれた。高橋監督の“非情采配”はチームを引き締めたが、元同僚の同級生投手の現役人生を終わらせてしまうかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
4
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…