芸能

みやぞん、24時間マラソンランナー決定で発した“天然”で済まない「暴言」

 今年の24時間マラソンランナーは、お笑い芸人のみやぞんに決定! 6月3日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)において、8月25~26日に放送される、同局の「24時間テレビ41 愛は地球を救う」のチャリティマラソンランナーに就任することが明かされたもの。

 そのみやぞんは芸能人離れした高い身体能力の持ち主としても知られることから、「24時間テレビ」では番組史上最も過酷なマラソンという試練を用意。それは何と初のトライアスロンだというのである。だがその発表シーンでみやぞんは暴言を口走ったという。テレビ誌ライターが指摘する。

「スタッフから『トライアスロンわかる?』と聞かれたみやぞんは、大きく手を振って『いや、知らないです。トライアスロン知らないです』と即答。これが二重の意味で暴言だというのです。一つにはオリンピックの正式競技でもあるトライアスロンのことを知らないと言い切ってしまったこと。そしてもう一つは、みやぞん自身が元トライアスロン選手と熱い戦いを繰り広げたことを忘れたのではという疑いですね」

 知名度の低いマイナー競技ならともかく、トライアスロンは2000年のシドニー五輪から正式競技となっており、日本人選手も毎回出場。日本テレビでも昨年11月にはスポーツ番組「上田晋也の日本メダル話」にて3週連続でトライアスロン選手を特集している。そのトライアスロンについて「知らない」と断言するのは、競技に対して失礼なのは明らか。そして「もう一つの暴言」について、テレビ誌ライターが続ける。

「みやぞんは、今年1月5日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で“タケノコ王”として知られるタケノコ農家の風岡直宏氏と丸一日にわたって七番勝負を争いました。その風岡氏は国内大会で優勝した経験を持つ元トライアスロン選手。大柄な体格と優れた身体能力をもち、テレビ出演の際には『トライアスロン』が枕詞になる人物です。その風岡氏と滝行やガチ相撲で対戦したみやぞんの口から『トライアスロン知らないです』と言葉が出たことには、市井のトライアスロン愛好家はガッカリしたことでしょう」

 みやぞんには高い身体能力に加えて“天然”という枕詞もつくが、トライアスロンについて無知を決め込んだ姿は、さすがに天然ではすまない“失礼”だったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論