芸能

経費削減!?石橋貴明「たいむとんねる」から女性アシスタントが消えた

 この4月にスタートしたトークバラエティ「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に、早くも軌道修正が加えられているという。これまで番組に花を添えていた出演者の姿が画面から消えたというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「喫茶店を模したセットで収録されている同番組ではこれまで“ウェイトレス”として、女性アシスタント2名が週替わりで登場していました。それが5月28日の放送回から姿を消したのです。その回では往年の大投手である江夏豊氏がゲストだったため、スポーツ色を強めるためにウェイトレスをお休みさせたのかもと思いましたが、翌週の6月4日に爆笑問題の太田光がゲスト出演した回でもウェイトレスの姿はなし。番組開始当初からウェイトレスたちは放送中に一言もしゃべらず、お飾り感が過ぎると批判されていましたが、ここにきてプチリニューアルを図ったようです」

 このリニューアルについては一部の視聴者からは、視聴率が思わしくないため経費削減の対象になったのではと疑う向きもあるようだ。しかし前出のテレビ誌ライターはこの軌道修正をむしろ評価しているという。

「視聴率が2%台まで落ち込み、何かと酷評されがちな『たいむとんねる』ですが、中高年の視聴者からは『意外におもしろい』との声も出ています。最新回では石橋と太田が80~90年代のお笑い番組について熱く語り、とんねるずが『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の初出演時にゴミを浴びせられる洗礼を受けたシーンには『こんな貴重な場面が!』と驚きの声もあがったほど。このように過去を振り返る路線を徹底するなら若い女性アシスタントは不要であり、ウェイトレスが消えたこともむしろ懐古路線に純化した証と言えるのではないでしょうか」

 その低視聴率から9月打ち切り説も噂される「たいむとんねる」だが、懐古路線の面白さが広まってくれば、延命への期待が高まる可能性もありそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性