スポーツ

秋田犬“マサル”に歓喜したザギトワ選手にさらなるビッグプレゼント!

 平昌五輪・フィギュアスケートの女子シングルで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手。秋田犬が欲しいという声に応え、日本の秋田犬保存会がザギトワ選手に秋田犬を贈呈。マサルと名付けたことが話題となり、5月26日に、モスクワでにぎにぎしく贈呈式も行われた。そして彼女の故郷では、さらなる「金メダルのご褒美」も手にしていたという。

「ザギトワ選手は、ロシア連邦の22の共和国の1つであるウドムルト共和国の出身。ウドムルトは銃の設計で有名なカラシニコフなど兵器の製造などでは知られていますが、世界的に活躍する有名人をあまり輩出しておらず、ザギトワ選手の金メダルはまさに快挙。先日、ウドムルトに凱旋帰国すると空港ではプラカードを掲げる人々やたくさんの報道陣の出迎えを受け大歓迎されました」(女性誌記者)

 ザギトワ選手を待っていたのは熱烈な歓迎だけではなかった。

「知事みずからザギトワ選手に金メダルのご褒美として、4ベッドルームのマンションの鍵をプレゼントしたんです。もともとザギトワ選手は、もっと大きなお家が欲しいと願っていたといい、それを知って用意されたプレゼントだったといいます」(前出・女性誌記者)

 ザギトワ選手はこの授与に当たり、すぐに家を両親にプレゼントする許可をもらったのだそうだ。

 12歳の時にユリア・リプニツカヤ選手のソチ五輪での活躍を見てスケートを始め、エテリ・トゥトベリーゼコーチの門を叩いたザギトワ選手。しかし、すぐに弟子入りが許されたわけではない。再度門を叩いて入門を許されてからも厳しい指導を受け、モスクワの祖母のもとに寄宿しながら苦労を重ねて、徐々にジュニアの大会で頭角を現し、平昌五輪の金メダルはやっとつかんだ栄光だったのだ。そんな苦労人だけに、両親への感謝の気持ちも人一倍なのだろう。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった