芸能

SKE48古畑奈和、「熱愛疑惑相手は女性!」告白が選抜総選挙の追い風になるか

 誤解も解けて、ファンの不安もしっかり取り除かれた!?

 6月16日に「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開催を控える中、SKE48の古畑奈和に熱愛疑惑が浮上し、ファンをザワつかせた。コトの発端は、東京ディズニーリゾート(TDR)内を運行するディズニーリゾートラインの座席に座っている古畑の動画がネット上に拡散されたこと。その古畑の隣には若い男性が見られ、楽しそうに談笑している。そのほかにも、古畑が男性とディズニーデートをしていたという目撃情報が複数のファンから上がっていたのだ。選抜総選挙目前というタイミングもあり、当然、この衝撃情報を受け、ファンたちはパニック状態に陥ったようだ。

「古畑は昨年の選抜総選挙で14位に入り、選抜総選挙においての初の選抜入りを果たしていましたが、先日発表された中間速報では82位というやや出遅れた結果に。それもあって、古畑は『他の人の携帯を奪うのも手です』といった投票を促すようなコメントを生配信で焦りから発してしまい、物議を醸していました。そんな中での熱愛疑惑ですから、ファンがいろいろな感情を持ってしまうのは致し方なしでしょう。古畑のツイッターのコメント欄には批判的な書き込みも殺到してしまいました」(アイドル誌ライター)

 しかし、この炎上を受け、古畑が騒動について6日にツイッターで反応。その男性と見られていた相手は実は舞台役者として活動する女性だったことをツーショット写真付きで紹介。古畑も〈まさか、お友達が男性と間違えられて 私自身も驚いています〉としながらも、〈皆さまの心をモヤモヤさせてしまい すみません〉と謝罪している。

「動画に写っていた男性と髪型や服装も一致していたため、その誤解は解けていました。熱愛がファンの早とちりだったこともあって、批判から一転、この投稿にはファンからの謝罪コメントが連打しています。中には、『最初から信じてたよ』と、熱愛は誤解だと最初からわかっていたという声もありましたが、いずれにせよ、ファンの信頼が回復したことは間違いありません。この騒動があったからこそ、その絆はより強固なものになったともいえるでしょうし、これが古畑にとっての追い風になると期待してもいいでしょう」(前出・アイドル誌ライター)

 また、今回の選抜総選挙はSKEの活動拠点である愛知・名古屋のナゴヤドームで開催されるわけだが、本拠地開催でぜひとも目標である神7入りを果たして欲しいものだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」