芸能

吉高由里子、「正義のセ」での“助けられて成長する演技”に称賛続々!

 吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)が、6月13日に最終回を迎える。これまでの平均視聴率は9.7%と大台には届いていないが、視聴者の感想としては「当初あまりにひどい出来で『HERO』の女性劣化版と感じリタイアしようと思ったのですが、回を重ねるたびによくなった。ドラマは最後まで観ないとわかりませんね」「思いやりや正義は愛情いっぱいの家庭環境で育まれると、本作は示しているような気がします」「凜々子が落ち込んで家に帰ると家族がごちそうを作って待っていた。とても心温まるシーンでした。職場のみんなからも助けられる凜々子の魅力は見ている私にもわかります」など、ハートウォームなストーリーが、好感を持って受け止められている。

 実際に視聴率も、多くのドラマがたどる一方的な下降線とはならず、小さな上下動こそあるものの、ほぼ横ばいを推移している。

「女優に対するあこがれはまったくなかった吉高ですが2006年、映画2作目の『紀子の食卓』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。08年の『蛇にピアス』で、ブルーリボン賞など新人賞3冠を受賞します。かねてより、彼女の演技は高く評価されていましたが、共演者やスタッフとの関係性に問題を生じさせる言動もありました。しかし、朝ドラ『花子とアン』(NHK)で主人公・村岡花子を演じてから、演技者として一皮むけたように思います。『正義のセ』でも、赴任間もない若手検事が、周囲に支えられて成長していく様をみごとに演じています。共演者との呼吸の合わせ方もいい」(芸能ジャーナリスト)

 同局で放送された吉高主演の前作「東京タラレバ娘」は平均視聴率が11.4%だったこともあり、最終回は2ケタ台に盛り返したいところだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!