芸能

小島瑠璃子、「出し惜しみナシ水着」にそれでも上がる“不満ポイント”とは?

 タレントの小島瑠璃子が5月30日に発売された「週刊少年マガジン」で水着姿を披露し、反響を呼んでいる。

 表紙と巻頭グラビアに色鮮やかな水着を着こなして登場した“こじるり”は、健康的な小麦色の肌と大胆な谷間を惜しみなく披露すると、お馴染みの爽やか笑顔でカメラを見つめ、多くの男性読者を悩殺。

 普段はスマートな仕切りと的確なコメントでバラエティー番組の潤滑油として活躍するこじるりが、いつになく“オンナっぽい表情”となったことで、ネット上には「売れても定期的に水着姿になるのはありがたいです」「もうグラビア出すような身分じゃないだろうに」「売れ出すとすぐに水着を卒業するどっかの勘違いタレントと違ってこじるりは偉い!」といった賞賛が続出した。

「今やテレビで見ない日はないといっても過言ではないレベルの売れっ子となったこじるりですが、水着姿になることをいとわない姿勢がファンの間で高く評価されているようです。しかし、一方で彼女のグラビアに艶っぽさが『まったく感じられない』という手厳しい意見も多くあります。『こじるりの水着姿はどこに需要があるのか』『爽やか過ぎ』『この子の水着を見たがってる大人の男性はあまりいないと思う』など、普段の爽やかな笑顔が強くイメージ付けされているだけに、“艶っぽさ”の要素が足りないといった指摘が散見されます。同じホリプロ所属の先輩である優香や深田恭子らグラビアベテラン勢と比較する声も多く、ファンはより肉付きの良いカラダを求めているのかもしれませんね」(テレビ誌ライター)

 健康的な爽やかさと知的さをウリにするこじるりにとって、グラマラスな大先輩のオーラをまとうことはややハードルが高過ぎる?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?