芸能

俺たちが「抱きたい40・50代」美女ランキング<最新オトコ事情>(2)入籍せずとも幸せオーラ全開の小泉今日子

 また、今年2月に俳優・豊原功補との「不貞関係」を公にして世間の耳目を集めたのが小泉今日子だ。川内氏によれば、

「小泉さんの潔い態度には意見が分かれるところですが、仮に豊原さんの離婚が成立したら、将来的には結婚もありうるかもしれません。かつて事実婚、フランス婚と称していた夏木マリさんも、最終的には入籍したように、大半の女性にとってやはり妻という座は欲しいもの。年を重ねるにつれて落ち着きたいという願望も出てくるのではないでしょうか」

 都内では、以前と変わらずに飲み歩く2人のツーショットが目撃されている。

「庶民的な居酒屋でしょっちゅうデートを楽しんでいますよ。店ではいつもしおらしくしていて、注文は豊原任せ。一歩引いた貞淑妻のようなフェロモンを発散させています」(芸能関係者)

 入籍せずとも幸せオーラは全開のようだ。

 さて、過去には吉川晃司(52)や佐々木蔵之介(50)と浮き名を流してきた天海祐希(50)はどうか。最近はとんとオトコの噂を聞かないが‥‥。

「サッパリとした性格に見られがちですが、中身は実に女性らしい方で結婚願望はあるのかな、と。ただ、吉川さんとの交際中、みずからプロポーズしてダメになったという話もあり、それ以来“男性アレルギー”が強くなっているのかも。引っ張ってくれる男性が現れないかぎり、なかなか結婚には結びつかないのでは」(川内氏)

 もっとも「抱きたいアンケート」でぶっちぎりの1位を獲得した石田ゆり子の場合は事情が少し異なっている。川内氏が明かすには、厳格な父親の存在がネックになっているようだ。

「石田さんの場合、お父さんの許可が出ないと結婚できないですからね。93年頃、当時まだ独身だった妹のひかりさん(46)にサッカー選手との熱愛が話題になった際、よくお父さんに話を聞いたのですが、とにかく猛反対でしたからね。その後、ひかりさんは結婚しましたが、相手がNHKの職員だったので許された部分もある。ゆり子さんも、女好きのイメージがあった石黒賢さん(52)との交際が取りざたされた時は、お父さんから猛反対を受けました。その後、妻子持ちの俳優や和太鼓奏者と、お父さんの意に反して“だめんず”ばかりを選んでいる印象です」

 石田の結婚に関しては、佐々木氏も「可能性薄」との判断を下す。

「あまり結婚する気がないのかもしれません。所属事務所から独立した際、社長兼マネージャーとして、ひかりさんの現場に来たことがあるのですが、すごく楽しそうでしたし、結婚よりも仕事を優先させるタイプなのかもしれません」

 ファンとしてはホッと一安心。今後も世のオジサマたちに夢を与えてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!